ニュース

社会保障給付費が120兆円を突破、介護給付費も初の10兆円超え

1.jpg
 国立社会保障・人口問題研究所はこのほど、2017年度の「社会保障費用統計」をまとめ、公表した。
 年金や医療、介護などに充てられた社会保障給付費は前年度比1兆8353憶円(1.6%)増の120兆2443億円で、過去最高となった。このうち介護給付費は前年度比4.1%増の10兆1016億円となり、初めて10兆円の大台を突破した。

社会支出の約半分が「高齢」政策

 「社会保障費用統計」は年金や医療保険、介護保険、雇用保険、生活保護など社会保障制度に関する1年間の支出を、OECD(経済協力開発機構)基準による「社会支出」と、ILO(国際労働機関)基準による「社旗保障給付費」の2通りで集計したもの。

 まず2017年度の「社会支出」は、総額で124兆1837憶円。政策分野別に分類すると、最も大きな割合を占めているのは「高齢(老齢年金、介護保険等)」で全体の45.9%。次に多いのは「保健(医療保険、公費負担医療給付等)」で33.7%だった。

 また、伸び率が最も高かったのが「家族(児童手当、児童扶養手当、施設等給付、育児・介護休業など)」。前年度と比較すると7.3%伸びて、8兆6601憶円だった。

hosyou.png

 一方、「社会保障給付費」を部門別にみると、総額に対して「医療」が32.8%、「年金」が45.6%、「福祉その他」が21.6%になる。65歳以上の高齢者人口増加率で伸び率が小さかったことから、同様に「年金」の対前年度伸び率は小さくなっている。

 また「福祉その他」のうち「介護対策」は4.1%の伸びで初めて10兆円を超した。

[yoshioka]

「調査・統計」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
2021年06月21日
【新型コロナ】看護師の感染に対する恐怖を軽減するために 最前線に立つ看護師に対するサポートも必要
2021年06月21日
女性は食事からメンタルヘルスの影響を受けやすい 不健康な食事は精神的苦痛につながる
2021年06月21日
高齢者の転倒にはこうして対応 原因と対策を科学的に検討 日本老年医学会などが「施設内での転倒に関するステートメント」を公開
2021年06月16日
全粒穀物が肥満やメタボのリスクを低下 低炭水化物やプラントベースのダイエットにも質の良い炭水化物が必要
2021年06月14日
【新型コロナ】「妊娠や子育て」「望まない妊娠」の相談が増加 窓口の相談員の多くが「国・自治体からの情報が不足」と苦慮
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶