ニュース

社会保障給付費が120兆円を突破、介護給付費も初の10兆円超え

1.jpg
 国立社会保障・人口問題研究所はこのほど、2017年度の「社会保障費用統計」をまとめ、公表した。
 年金や医療、介護などに充てられた社会保障給付費は前年度比1兆8353憶円(1.6%)増の120兆2443億円で、過去最高となった。このうち介護給付費は前年度比4.1%増の10兆1016億円となり、初めて10兆円の大台を突破した。

社会支出の約半分が「高齢」政策

 「社会保障費用統計」は年金や医療保険、介護保険、雇用保険、生活保護など社会保障制度に関する1年間の支出を、OECD(経済協力開発機構)基準による「社会支出」と、ILO(国際労働機関)基準による「社旗保障給付費」の2通りで集計したもの。

 まず2017年度の「社会支出」は、総額で124兆1837憶円。政策分野別に分類すると、最も大きな割合を占めているのは「高齢(老齢年金、介護保険等)」で全体の45.9%。次に多いのは「保健(医療保険、公費負担医療給付等)」で33.7%だった。

 また、伸び率が最も高かったのが「家族(児童手当、児童扶養手当、施設等給付、育児・介護休業など)」。前年度と比較すると7.3%伸びて、8兆6601憶円だった。

hosyou.png

 一方、「社会保障給付費」を部門別にみると、総額に対して「医療」が32.8%、「年金」が45.6%、「福祉その他」が21.6%になる。65歳以上の高齢者人口増加率で伸び率が小さかったことから、同様に「年金」の対前年度伸び率は小さくなっている。

 また「福祉その他」のうち「介護対策」は4.1%の伸びで初めて10兆円を超した。

[yoshioka]

「調査・統計」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月07日
筋肉が減る「サルコペニア」は早期に対策すれば防げる 運動を意識して行い、筋肉の量と機能の低下を防ぐ
2021年12月06日
「ジェンダーギャップ」の解消に挑戦 男女の格差は誰にとってもメリットなし 働き方にも変化が
2021年12月06日
心不全患者の介護発生率は健常者の2倍以上 心不全は生命を縮める病気 介護予防は⼼臓病患者でとくに重要
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大の影響で食生活も変化 食育への関心は高いが実行がともなわない 食育を紹介したピクトグラムを作成
2021年11月30日
【新型コロナ】医療機関の受診控えにより、がん発見が大幅に減少 胃がんでは男性11.3%、女性12.5%減少 適切なタイミングの受診が重要
2021年11月22日
「低GIの食事」で⼼筋梗塞や脳梗塞のリスクを減少 食物繊維が豊富な「全粒穀物」でメタボのリスクを低下
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶