ニュース

インフルエンザが流行中、職場での感染予防リーフレットを作成(東京都)

 インフルエンザの患者報告数が例年より速いペースで増加している。そのような中、東京都はリーフレット「防ごう! インフルエンザ感染 ~あなたが職場でできること~」を作成し、職場での感染予防を呼び掛けている。
インフルエンザ患者報告数が大幅に増加、定点あたり16.84人に
 インフルエンザは例年12月から3月にかけて流行するが、東京都では今年、38週(9月16日~22日)の患者報告数が流行開始の目安となる定点あたり1.0人を超え、早めの注意が呼び掛けられてきた。

 しかし第49週(12月2日~8日まで)には「流行注意報基準」となる定点あたり10人を超え、流行が広がっていることが明らかになった。

 東京都における50週(12月9日~15日)のインフルエンザ患者報告数が6,972人で、定点あたり16.84人。昨年同時期は定点あたり2.68人だったことから、大幅に増加している。また50週におけるインフルエンザ様疾患による集団発生事例は297件。

tokyo.jpg

職場でのインフルエンザ感染予防対策としてリーフレットを作成
 東京都では、これまでもインフルエンザ対策のリーフレットやポスターを制作してきたが、今年は職場でのインフルエンザ感染予防として「防ごう ! インフルエンザ感染~あなたが職場でできること~」リーフレットを作成した。

 リーフレットでは従業員向けに「職場等における感染予防のポイント」として、こまめな手洗いを心がける▽顔を触らない▽人ごみを避ける▽「咳エチケット」を意識する」―を紹介。

 感染予防のために多くの人が利用しているマスクも「正しく着脱しなければ効果を発揮しない」として付け方・外し方を詳しく解説している。

 一方、事業者には、手指消毒薬やせっけん・ペーパータオルなど感染予防に必要な備品・環境の整備や、人がよく触れるドアノブやスイッチ、階段の手すりなどの清掃・消毒を呼び掛けている。

 そのほか、発症した場合の対応についてもポイントをまとめ、職場でのインフルエンザ感染が広がり、欠勤者が増えた場合に備えてBCP(業務継続計画)をあらかじめ策定しておくことが有効であることも紹介している。

 50週での全国における患者報告数は77,425人、定点あたり15.62人で49週の9.52人より増加した。最も多かったのは山口県で、定点あたりの患者報告数は31.94人。続いて北海道(29.76人/定点)、宮城県(26.69人/定点)、青森県(24.14人/定点)となっており、32都道府県で定点あたりの報告数が10人を超えた。

全国患者報告数.jpg

[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶