ニュース

ピザ1切れのカロリーは30分のウォーキングに相当 肥満やメタボを抑制する食品ラベルを開発

 ピザ1ピースを食べると、それと同じカロリーを燃焼するのに30分のウォーキングが必要になる。チョコレートバー1本では、46分間のウォーキングが必要――。
 食べた分のカロリーを燃焼するのに必要なウォーキングの時間を食品にラベル表示すると、より健康的な食品を選びやすくなるという研究が発表された。
ピザ1切れのカロリーを燃焼するために
30分のウォーキングが必要
 「身体活動等価カロリー(PACE)」と名付けられたこの食品ラベルは、食品や飲料のカロリーを燃焼するために、ウォーキングなどの身体活動が何分必要となるかを示したものだ。

 たとえば、チョコレートバー1本のカロリーは229kalで、このカロリーを燃焼するために46分間のウォーキングが必要になる。缶入り清涼飲料1本のカロリーは138kalで、26分間のウォーキングと等価だ。ポテトチップス1袋のカロリーは554kalで、100分間のウォーキングと等価――といった表示になる。

 この食品ラベルの効果について、英国のラフバラー大学行動医学部のアマンダ デイリー教授がバーミンガム大学などと共同で調査した。詳細は医学誌「Journal of Epidemiology and Community Health」に発表された。

 14件の研究を解析した結果、このラベル表示により、1日の平均エネルギー摂取量を約200kcal減らせる可能性があるという結果になった。
毎日少し食べ過ぎただけで体重は増える
 1日のエネルギー必要量は、男性では1,600~2,500kcal、女性では1,400~2,000kcalだ。食事で摂取するカロリーが、身体活動で消費するカロリーを上回ると、過剰なカロリーが脂肪として体に蓄えられ、肥満の原因になる。毎日少し食べ過ぎただけでも、それが毎日続くと、体重増加が引き起こされる。

 「多くの人は、より健康的な食事をしたいと考えており、体をアクティブに動かすことにも関心をもっています。しかし、そのきっかけとなるものが乏しい現状があります」と、デイリー教授は言う。

 「運動で消費できるカロリー」で食品に表示すると、食品のカロリーをより理解しやすくなり、賢い選択をできるようになる可能性がある。運動をするきっかけにもなると期待されている。
1日の摂取カロリーを約200kcal減らせる
 英王立公衆衛生協会(RSPH)は、このPACEラベルを英国内のすべての食品に表示することを求めているが、それを実現するためにには科学的な根拠が必要になる。

 そこでデイリー教授らは、14件のランダム化比較試験について、この食品ラベルを飲食物に表示した場合に、摂取カロリーがどれだけ変わるかを調べた。

 その結果、この食品ラベルにより、4,606人を対象とした研究では、平均して64.9kcal少なく食品を選ぶようになり、486人を対象とした研究では、実際に摂取カロリーが平均して80.4kcal少なくなることが明らかになった。

 1日に3食と間食2回を摂っている場合、PACEラベルにより1日の摂取カロリーを約200kcal減らせる可能性がある。
食品のカロリーは過小評価しがち
 「一般的に、多くの人は食品に含まれるカロリーを過小評価しがちです。清涼飲料やスナック菓子に含まれるカロリーを燃焼するのに、運動をたくさんする必要があると知ると、多くは人はショックを受けるでしょう」と、デイリー教授は言う。

 英国では現在、成人の多くが過体重か肥満だ。BMIが30以上の肥満の人の数は、2017年には1,300万人となり、1997年から2倍に増えた。

 英国糖尿病学会(Diabetes UK)によると、英国の2型糖尿病患者数は370万人で、その多くに肥満が関わっている。

 「摂取カロリーを毎日100kcalずつ減らしただけでも、積み重ねると大きな変化を生みます。肥満や2型糖尿病の抑制に役立ちます」と、デイリー教授は言う。

 「食品に含まれるカロリーを運動と等価に示すことで、栄養についての理解が深まります。チョコレートケーキを食べると、"2時間のウォーキング"が必要になると分かったら、多くの人はたまにご褒美として食べるにとどめるようになるのではないでしょうか」。

 デイリー教授は今後、レストランやスーパーマーケットなどの大規模チェーン店や企業で、この食品ラベルを使った試験を実施することを期待している。

Labelling foods with the amount of physical activity needed to burn off calories linked to healthier choices(ラフバラー大学 2019年12月10日)
Effects of physical activity calorie equivalent food labelling to reduce food selection and consumption: systematic review and meta-analysis of randomised controlled studies(Journal of Epidemiology and Community Health 2019年12月10日)
Number of people with obesity almost doubles in 20 years(英国糖尿病学会 2019年11月14日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年01月28日
【オピニオン新連載】行動科学に基づいた保健指導スキルアップ~対象者の行動変容を促すには?~
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶