ニュース

「第8回 健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~生活習慣病予防分野~

 厚生労働省とスポーツ庁は2019年11月11日、厚生労働省講堂で「第8回 健康寿命をのばそう!アワード」の受賞企業・団体・自治体を決定し、表彰式を開催した。

 「生活習慣病予防分野」では95件の応募の中から、まちぐるみで食環境の整備を行い、健康寿命の延伸に取り組んでいる岐阜県の下呂市役所が厚生労働大臣最優秀賞に選ばれた。
生活習慣病予防分野は下呂市役所「下呂・減塩・元気・大作戦」が最優秀賞に
 「健康寿命をのばそう!アワード」は厚生労働省とスポーツ庁が、健やかで心豊かに生活できる社会の実現を目指し、健康増進・生活習慣病予防の推進に優れた企業・団体・自治体・を表彰するもの。表彰式は、生活習慣を改善し健康寿命をのばすために厚生労働省が行っている国民運動「スマート・ライフ・プロジェクト」の一環として実施され、今年で8回目の開催となる。

 今回は生活習慣病予防分野には企業41件、団体37件、自治体17件の応募があった。有識者による評価委員会で書類選考を行ったあと、表彰式当日のプレゼンテーションによって厚生労働大臣最優秀賞1件、厚生労働大臣優秀賞3件、スポーツ庁長官優秀賞3件などが選ばれた。

 このうち最優秀賞になった下呂市は、国民健康保険(国保)加入者の脳血管疾患と高血圧で受診している人の割合が平成23~28年まで岐阜県内でワースト5位に入っていた。

 そのためライフサイクル別に全世代への減塩アプローチと、国保特定健診結果で高血圧の判定が出た人への保健指導強化を行って脳血管疾患や高血圧の住民の減少を目指した。

まちぐるみで取組む食環境整備で健康寿命を伸ばす
 ロータリークラブや商工会、医師会、学校栄養教諭、こども園栄養士などで下呂市減塩推進委員会を設置し、官民一体となって取り組みを開始。毎月14日から20日を「下呂市減塩週間」としたり、減塩食品の販売や減塩食を提供する減塩推進協力店を募集・認定したりするなどして食環境の整備を行った。

 その結果、国保特定健診の結果でⅠ度高血圧者、Ⅱ度高血圧以上の者の割合が減少。国保の医療機関受診割合の県内順位が下がったほか、国保特定健診の保健指導率は92.1%で全国1位となった。全国平均の実施率は19.5%であることから、大変高い実施率になる。

 また優秀賞には、企業部門で株式会社KSK「わくわく健康プラン」、団体部門で大阪府住宅供給公社/NPO 法人チュラキューブ/NPO 法人 SEINの「団地の空き室をみんなが集う食堂に~健康メニューと楽しい食事の場で健康寿命を延伸~」、自治体部門で青森県階上町『青森県階上町「健康宣言」と「健康五つ星」 「三種の神器」と「ちょっとそこまで GOGOGO」事業』が選ばれた。

[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶