ニュース

【世界糖尿病デー】世界の4億6300万人が糖尿病 糖尿病の50%以上は予防が可能

 「世界糖尿病デー」が、国際糖尿病連合(IDF)が中心となり、11月14日に開催される。160ヵ国以上の10億人以上の糖尿病とともに生きる人々と医療従事者が対象だ。
 世界糖尿病デーの2020年のテーマは「糖尿病と看護師」だ。
11月14日は「世界糖尿病デー」
成人の11人に1人が糖尿病
 世界糖尿病デー(WDD)は、糖尿病の脅威が世界的に拡大しているのを受け、世界規模で糖尿病に対する注意を喚起しようと、国際糖尿病連合(IDF)と世界保健機関(WHO)によって1991年に開始され、2006年には国連の公式の日になった。

 11月14日は、1922年にチャールズ ベストとともにインスリンを発見したフレデリック バンティングの誕生日にあたる。インスリンの発見により、糖尿病治療は飛躍的な進歩をとげた。

 世界糖尿病デーの2020年のテーマは「糖尿病:看護師が違いをつくる(Diabetes: Nurses Make The Difference)」だ。

IDFが公開している「世界糖尿病デー」のビデオ

2020年のテーマは「糖尿病と看護師」

 2020年は「糖尿病と看護師」をテーマに、世界各地でキャンペーンが展開される。糖尿病とともに生きる人々を支援するうえで、看護師が果たす役割は大きい。

 看護師は世界の医療従事者の半分以上を占めており、糖尿病などの幅広い健康問題を抱えて生きる人々をサポートする重要な仕事をしている。いま糖尿病とともに生活している人々だけでなく、これから糖尿病を発症するリスクの高い人に対してもサポートが必要だ。

 世界の糖尿病人口は今後も増え続けると予測されており、糖尿病のコントロールを向上し状態をより良く管理するために、看護師などの医療専門スタッフの役割はますます重要になっている。

 糖尿病患者は多様な課題に直面しており、看護師がそれを的確にサポートするために、教育を受けスキルを身に付けることが不可欠だ。IDFは、看護師が糖尿病についてより深く学び、トレーニングを受ける機会を促進することで、糖尿病とともに生きる人々に変化をもたらすことを望んでいる。

 そこでIDFは10月に、糖尿病についての知識と理解を向上させるのに役立つオンラインコースの提供を開始する計画をたてている。
自分の糖尿病リスクを数分でチェックできるツールを公開
 世界糖尿病デー(WDD)に合わせて、「あなたの2型糖尿病リスク」というツールが公開された。このオンラインのテストを使うと、ほんの数分で今後10年間に2型糖尿病を発症するリスクを予測できる。

 IDFは、世界の糖尿病の成人の2人に1人(2億3,200万人)は、糖尿病の診断を受けていないと推定している。血糖値が高い状態が慢性的に続いているが、自覚症状が乏しいため、自分では糖尿病だと気付いていない。そして、その大部分が2型糖尿病だ。

 健診などで糖尿病予備群と指摘された人も、このツールで定期的にチェックすることで、自分の体の状態を知ることができる。

 このツールは、フィンランドのヘルシンキにある国立保健福祉研究所のジャアナ リンドストローム特任教授とヤーコ トゥオミレヘト教授が開発した「フィンランド糖尿病リスク スコア(FINDRISC)」にもとづいている。

糖尿病は増え続けている 2030年までに5.8億人に増加
 IDFは、昨年の世界糖尿病デーに、世界の糖尿病に関する最新の調査をまとめた「IDF 糖尿病アトラス 第9版」(9th Edition of IDF Diabetes Atlas)を発表した。

 世界の糖尿病人口は爆発的に増え続けており、2019年時点で糖尿病有病者数は4億6,300万人に上ることが明らかになった。

「IDF 糖尿病アトラス 第9版」の主な内容

● 世界の糖尿病人口は4億6,300万人に上る(2019年)。これは世界の成人(20~79歳)の11人に1人に相当する。

● 世界の糖尿病人口は2030年までに5億7,800万人に増えると予想されている。

● 糖尿病の成人の2人に1人(2億3,200万人)は、糖尿病の診断を受けておらず、その大部分が2型糖尿病だ。

● 糖尿病の人4人に3人以上は低・中所得国に住んでいる。

● 新生児の6人に1人(2,000万人)は、母親の妊娠中の高血糖の影響を受けている。

● 糖尿病の人の3分の2は都市部に住んでいて、4分の3は生産年齢だ。

● 糖尿病の人の5人に1人(1億3,600万人)は65歳以上だ。

● 糖尿病が原因で亡くなった人の数は2019年には420万人に上った。

● 世界の糖尿病の医療費は80兆円(7,600億ドル)に上り(2019年)、これは全医療費の10%に相当する。

● 全世界的な調査によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と診断された人のうち、最大50%は糖尿病を基礎疾患としていた。

世界糖尿病連合(IDF)
世界糖尿病デー(World Diabetes Day)
IDF糖尿病アトラス(Diabetes Atlas)(世界糖尿病連合)

世界糖尿病デー(世界糖尿病デー実行委員会)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶