ニュース

乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

 奈良先端科学技術大学とキャンサー・ソリューションズは、乳がんサバイバー(体験者)のさまざまな経験や生活の知恵をもとに、さまざまなエピソードを募集・蓄積し、共有し理解を深めたり、乳がんサバイバーの支援の方策を開発する研究に活用するための、ソーシャル・メディア「ABCエピソードバンク」を開発し公開を開始した。
 大学と患者グループがともにこうしたサイトを運営する試みは日本初だという。
乳がん患者の苦労や工夫を投稿・閲覧できるソーシャル・メディア
 「ABCエピソードバンク」は、乳がんの診断を受けた女性が対象で、とくに進行乳がん(Advanced Breast Cancer)の診断を受けた女性を中心に、自身の苦労や工夫したことについて自由に投稿・閲覧できるソーシャル・メディア。

 ブログと掲示板の中間の性質をもっているのが特徴で、利用者同士のコミュニケーションの機能を最小限にとどめることで、ソーシャル・メディア上での人間関係の負担を減らし、コミュニケーション上の問題が起きにくいシステムとなっている。

 一方で、蓄積された投稿エピソードを一望することが可能で、利用者にとって近い状況にある人々の存在を感じることができ、孤独感を感じにくいシステムになっている。

 こうした形式のエピソードバンクは、さまざまながんにまつわる体験談を集め、それを皆で共有し、互いの経験で支え合うことを目的としている。

 そこで自由に書かれた体験談の中から、人工知能(AI)の一種である自然言語処理の技術を使い、キーワードに着目して、求める内容により近いエピソードを選び、提供できるようになっている。

 研究は、奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科情報科学領域ソーシャル・コンピューティング研究室の荒牧英治教授らの研究グループが、キャンサー・ソリューションズと共同で行ったもの。同社は、がんサバイバーの知識と経験を生かし、就労・雇用の支援なども行っているベンチャー企業だ。

医療者なとが気づかなかった患者自身のニーズを抽出
 がん患者は多くの経験をしているが、その体験は1人ひとりすべて異なり、同じ経験をした人は2人といない。しかし、たくさんの経験の中には、共通点もあるはずだ。

 「ABCエピソードバンク」では、医師らが気づかなかった患者のニーズも掘り起こし、こうした活動で集積した乳がん患者の体験や生活の知恵が、他の患者の助けになりうるか、また情報技術が効果的な運営にどのような寄与するかなどを研究していく。

 同研究室では、自然言語処理の技術を医療技術に応用するさまざまな先進的研究を行っており、既存のソーシャル・メディアの公開データを用いて、そこに潜む社会問題を浮き彫りにし可視化する研究にも取り組んできた。エピソードバンクシステムの開発にこうした技術を生かしている。

 また、同社はがん患者のQOL向上につながるような社会活動や研究活動を行っており、同社の監修により、乳がん患者にとって頻出する悩みをタグとしてあらかじめ設定しておくなど、治療で疲れている患者でも投稿しやすい構成を実現している。

 学術的な面では、自然言語処理などの技術を用いて、投稿されたエピソードから医療者や研究者が気づかなかったような患者自身のニーズを抽出することを目指している。

 今後は2021年2月を目標に、働く世代を対象としたエピソードバンクも立ち上げる予定だという。

関連情報
たくさんの仲間のエピソードが仲間を支える
 「患者さんの声は貴重ではあるものの、研究者からは遠く、リーチが困難な材料でした。エピソードバンク構想により、研究者が自由に使えるデータが増えることで、技術が進み、患者さんへ還元できるようになることを目指して研究していきたいと思います」と、荒牧教授は述べている。

 キャンサー・ソリューションズの桜井なおみ氏は、「がんの診断を受けた直後、"なぜ自分がなったのだろう""どうやって皆は心を整えているのだろう"と、孤独感や不安な気持ちでいっぱいになります。たくさんの仲間のエピソードが、仲間を支え、"ひとりじゃないよ"というメッセージにつながることを期待しています」と述べている。

 乳がん患者が「こんな時どうしたらよいのだろう?」「他の人はどうしているのだろう?」など、気持ちが迷ったときに、多くの患者のエピソードが参考になると期待しているという。

奈良先端科学技術大学院大学ソーシャル・コンピューティング研究室
キャンサー・ソリューションズ
ABCエピソードバンク
ABCプロジェクト
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶