ニュース

ウォーキングポイント参加で高血圧の発症者が減少-横浜市など調査

 横浜市の健康促進事業「よこはまウォーキングポイント」に3年連続参加している60歳以上の人は、参加していない人に比べて高血圧の新規発症率が12.3%低かったことがこのほど分かった。

 横浜市と横浜市立大学(田栗田栗正隆教授・窪田和巳講師・山中竹春教授)、日本電信電話株式会社、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社が同事業への参加が生活習慣病や医療費などに及ぼす影響を分析し、判明したもの。
ウォーキングで楽しみながら健康づくり、歩数計とアプリで参加可能
 よこはまウォーキングポイント事業では、歩いた歩数に応じて付与されるポイントで商品券などが当たる抽選に参加できる。対象は18歳以上で横浜市に在住・在勤・在学している人で、ウォーキングで楽しみながら健康づくりにつなげることを目的としている。無料で歩数計を贈呈しているほか、スマートフォンのアプリでも参加可能。

 今回の分析は、令和元年8月に締結した「『官民データ活用による超スマート社会の実現に関する包括連携協定書』に基づくよこはまウォーキングポイント事業及び横浜市国民健康保険特定健康診査の影響分析に関する覚書」に基づいて実施された。

 具体的には2015年から18年度までの3年間、国民健康保険に加入し、15年度時点で運動機能に障害がなく、生活習慣病を発症していなかった人を抽出。このうちウォーキングポイント事業に3年連続参加した約2000人と、未登録者2万2000人を比較し、高血圧と糖尿病の新規発症率、医療費と高額医療費が上位1%に入る確率、メタボリックシンドローム状態の変化について調べた。

 結果、統計的な優位差が認められたのは「高血圧の新規発症抑制効果」。60歳代で3年連続ウォーキングポイント事業に参加した人の中で高血圧を新規発症した割合は26.3%だったのに対し、未登録者の割合は29.99%で、これを同じ対象者数に換算した場合、参加者の発症率は12.3%少なくなっていることが分かったという。

 またウォーキングポイントに3年連続参加した人の高血圧新規発生抑制に伴う医療費の抑制額は、少なくとも年間9053万4935円であると推計。同事業が生活習慣病予防に一定の効果があると推察したほか、医療費削減効果も期待されるとした。

[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶