ニュース

【新型コロナ】高齢で基礎疾患があると死亡リスクは上昇 80歳以上で基礎疾患のある患者では致命率は20%超 国立感染症研

 国立感染症研究所が、日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の年齢別の致命割合を公表した。COVID-19レジストリデータを用いた調査で、病原微生物検出情報(IASR)の速報として発表したもの。
 感染自体は若い人でも、高齢の人でも、起こりうるが、高齢者では年齢が高くなるほど重症化しやすく、とくに基礎疾患のあり高齢者は致命率が高くなることが示された。
致命割合は全体で4.2% 年齢が高くなるにつれて上昇
 国立感染症研究所は、COVID-19レジストリデータを用いた調査により、日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の年齢別の致命割合を公表した。

 対象となったのは、2020年9月30日までに433施設に入院した患者(死亡退院を含む)1万2,599人(60歳以上が37.6%)。

 統計などでは通常は、「死亡率」が「一定期間における死亡数/診断症例数」として用いられるが、今回の調査については、現在流行している病気の死亡者数を集計しており、一定の観察期間を想定していないため、「症例致命割合」(Case Fatality Ratio)として算出した。これは、「死亡数/流行疾病の診断症例数」として用いるもの。

 その結果、症例致命割合(CFR)は、全体で4.2%(60歳未満は0.3%、60歳以上は10.7%)と、60歳未満ではほとんどの人は生存していることが分かった。

 しかし、基礎疾患のある人の致命割合は、60歳未満は1.0%、60~64歳4.4%、65~69歳7.2%、70~74歳7.5%、75~79歳12.8%、80歳以上20.5%と、基礎疾患のない患者に比べ高く、年齢が高くなるにつれて上昇することが分かった。

 基礎疾患がない人の致命割合についても、60歳未満0.1%と低いが、70~74歳で3.7%、80歳以上12.8%と、やはり年齢が高くなるにつれて上昇する。

 なお、今回の調査では、下記の基礎疾患をひとつでも有する者を基礎疾患のある患者とした。
心疾患(心筋梗塞・うっ血性心不全)、末梢血管疾患、脳血管障害、片麻痺、認知症、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患:COPD、慢性肺疾患、気管支喘息)、肝機能障害、腎機能障害、高血圧症、高脂血症、糖尿病、肥満、消化性潰瘍、固形癌、リンパ腫、白血病、膠原病、HIV/AIDS。

 感染研は、2020年7月の時点で入力が完了していたCOVID-19入院患者2,638例について、症例の半数以上が男性であり、全体の60%近くがCOVID-19感染者との濃厚接触歴があったこと、基礎疾患として多かったのは高血圧(15%)、合併症をともわない糖尿病(14.2%)で、66.9%の患者が自宅退院し、7.5%が入院中に死亡したことなども報告している。

 感染研は今回の研究について、「退院が完了した症例からデータの登録を行うため直近の症例の中でも入院が長期化している症例は含まれていないこと、死亡は転帰項目をもとに収集しておりCOVID-19との明確な因果関係を調査する項目は取得していないこと、本データ12月2日時点で登録された症例を対象とした結果でありレジストリの登録状況により値が変動すること、一部欠損項目があり加算数と総数が一致しないことがあることに留意が必要」としている。

国立感染症研究所 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報

COVID-19に関するレジストリ研究
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月01日
実行しやすい健康改善プランを提案するAI(人工知能)を開発 健診データから1人ひとりに最適なプランを選択
2021年06月01日
日本の代表的な6研究機関が連携 36.6万人規模のゲノムコホートを構築 「個別化医療・個別化予防」の早期実現を目指す
2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月20日
【オピニオン新連載】緊急事態宣言下で前進した特定保健指導のオンライン化と働き方 ―総合健康保険組合の取り組み―
2021年05月18日
心理的ストレスが腸内細菌を乱すメカニズムを解明 うつ病に腸内細菌叢が大きく関わっている 「脳腸相関」を解明
2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年05月10日
「腸内環境」は植物性食品で整えられる 肥満やメタボの人は「腸内エコシステム」が乱れやすい
2021年05月10日
【新型コロナ】リモートワークで生活リズムが乱れ睡眠不足に 自然光の変化に合わせた室内照明で睡眠の質を向上
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶