ニュース

【新型コロナ】高齢で基礎疾患があると死亡リスクは上昇 80歳以上で基礎疾患のある患者では致命率は20%超 国立感染症研

 国立感染症研究所が、日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の年齢別の致命割合を公表した。COVID-19レジストリデータを用いた調査で、病原微生物検出情報(IASR)の速報として発表したもの。
 感染自体は若い人でも、高齢の人でも、起こりうるが、高齢者では年齢が高くなるほど重症化しやすく、とくに基礎疾患のあり高齢者は致命率が高くなることが示された。
致命割合は全体で4.2% 年齢が高くなるにつれて上昇
 国立感染症研究所は、COVID-19レジストリデータを用いた調査により、日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の年齢別の致命割合を公表した。

 対象となったのは、2020年9月30日までに433施設に入院した患者(死亡退院を含む)1万2,599人(60歳以上が37.6%)。

 統計などでは通常は、「死亡率」が「一定期間における死亡数/診断症例数」として用いられるが、今回の調査については、現在流行している病気の死亡者数を集計しており、一定の観察期間を想定していないため、「症例致命割合」(Case Fatality Ratio)として算出した。これは、「死亡数/流行疾病の診断症例数」として用いるもの。

 その結果、症例致命割合(CFR)は、全体で4.2%(60歳未満は0.3%、60歳以上は10.7%)と、60歳未満ではほとんどの人は生存していることが分かった。

 しかし、基礎疾患のある人の致命割合は、60歳未満は1.0%、60~64歳4.4%、65~69歳7.2%、70~74歳7.5%、75~79歳12.8%、80歳以上20.5%と、基礎疾患のない患者に比べ高く、年齢が高くなるにつれて上昇することが分かった。

 基礎疾患がない人の致命割合についても、60歳未満0.1%と低いが、70~74歳で3.7%、80歳以上12.8%と、やはり年齢が高くなるにつれて上昇する。

 なお、今回の調査では、下記の基礎疾患をひとつでも有する者を基礎疾患のある患者とした。
心疾患(心筋梗塞・うっ血性心不全)、末梢血管疾患、脳血管障害、片麻痺、認知症、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患:COPD、慢性肺疾患、気管支喘息)、肝機能障害、腎機能障害、高血圧症、高脂血症、糖尿病、肥満、消化性潰瘍、固形癌、リンパ腫、白血病、膠原病、HIV/AIDS。

 感染研は、2020年7月の時点で入力が完了していたCOVID-19入院患者2,638例について、症例の半数以上が男性であり、全体の60%近くがCOVID-19感染者との濃厚接触歴があったこと、基礎疾患として多かったのは高血圧(15%)、合併症をともわない糖尿病(14.2%)で、66.9%の患者が自宅退院し、7.5%が入院中に死亡したことなども報告している。

 感染研は今回の研究について、「退院が完了した症例からデータの登録を行うため直近の症例の中でも入院が長期化している症例は含まれていないこと、死亡は転帰項目をもとに収集しておりCOVID-19との明確な因果関係を調査する項目は取得していないこと、本データ12月2日時点で登録された症例を対象とした結果でありレジストリの登録状況により値が変動すること、一部欠損項目があり加算数と総数が一致しないことがあることに留意が必要」としている。

国立感染症研究所 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報

COVID-19に関するレジストリ研究
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶