ニュース

テレワーク中のストレス解消具合に「雑談」の有無で違い 民間調査で判明

 株式会社リクルートキャリア(本社・東京都千代田区)がこのほど実施した意識調査で、コロナ禍でテレワークをするようになった回答者の約6割が、出社していたころと比べてストレスを実感していることが明らかになった。

 一方でテレワーク中に雑談があるかどうかでストレスの解消具合に違いが見られており、テレワーク時代のコミュニケーションや働き方の在り方が問われている。

雑談は「過剰なストレスを解放する大切な職場コミュニケーション

 同調査は企業に勤める従業員(非正規を除く)のうち2020年1月以降にテレワークを実施した人を対象に、インターネットを通じて実施された。回答者は2,272名で、このうち調査期間の2020年9月26~28日時点でテレワークを続けていた2,213名について考察している。

 「テレワーク開始前にはなかった仕事上のストレスを感じたことがあるか」については「強く感じた」が13.4%、「やや感じた」が46.2%で合わせると約6割が出勤時以上にストレスを感じていることが分かった。このうち67.7%は調査時点の9月でも「ストレスが解消されていない」と答えている。

 ストレスが解消できていない人の割合を年代別に見ると、20代では58.9%であるのに対し、50~60代は83.6%となるなど違いが見られた。

 またテレワーク中の「雑談あり」と「雑談なし」で比べると、「テレワークでのストレスが解消できていない」と答えた人は「雑談なし」の方が14.1%も多かった。

 テレワーク中の雑談で多かったのは「チャットなどでの業務外の会話」、「会議開始前の世間話のような会話」であったが、「全くない」と答えた人は全体の35.6%に上っている。特に50~60代は「全くない」割合が44.2%と高く、「ストレスの解消ができていない」状況に影響していることが推測される。

 同社のHR統括編集長、藤井薫氏は「仕事中の雑談がストレス解消のカギになる可能性が見えてきた」と考察。雑談は「過剰なストレスを解放する大切な職場コミュニケーション」だとして、生産性向上にも欠かせないとまとめている。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2021年03月24日
地方自治体の常勤保健師数は36,161人に 令和2年度「保健師活動領域調査」
2021年03月23日
【新型コロナ】コロナ渦でも楽しく運動を スポーツ庁が「オリジナル運動コンテンツ紹介サイト」を公開
2021年03月23日
【新型コロナ】妊婦や不妊治療患者でも感染不安が高まっている 妊婦の不安を減らすために必要なことは?
2021年03月23日
【新型コロナ】嗅覚チェックで無症状感染者を早期発見 「簡易嗅覚確認キット」を開発 順天堂大学
2021年03月23日
【新型コロナ】テレビやスマホの見過ぎで若者の過食や肥満が増えた ジャンクフードの食べ過ぎで睡眠障害も
2021年03月23日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年03月18日
女性特有の健康課題に向き合って~「働く女性の健康応援サイト」開設
2021年03月17日
【新型コロナ】東日本大震災から10年 コロナ禍により被災地で心の状態が悪くなった人が増加 「ソーシャル・キャピタル」の減少が原因?
2021年03月17日
【新型コロナ】「未来の自分」に手紙を書くことでネガティブ感情を軽減 明るい未来を想像することがセルフケアに
2021年03月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,795 人(2021年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶