ニュース

不妊治療を受ける女性へのメンタルヘルス支援が必要 54%に軽度以上の抑うつ症状が 成育医療センター

不妊治療を受ける女性の54%に軽度以上の抑うつ症状
とくに20歳代でメンタルヘルスの不調などが顕著

出典:国立成育医療研究センター、2021年
 初期の不妊治療を受けている女性の半数に、軽度以上の抑うつ症状がみられることが、国立成育医療研究センターなどの調査で明らかになった。
 日本でも高度不妊治療を受ける女性の心の健康状態が悪化している可能性がある。
 「不妊治療の保険適用など経済的側面についての議論が進んでいますが、不妊治療を受ける女性のメンタルヘルスに関しても支援が必要です」と、研究者は述べている。
不妊治療をこれからはじめる・はじめた女性500人を追跡して調査
 日本で少子化傾向が続いている一方で、子供を望んでいるにも関わらず、なかなか妊娠にいたらず不妊治療を受けるカップルが一定数いる。

 日本産科婦人科学会によると、子供の16人に1人が高度不妊治療で生まれている。年間約45万件(周期)の治療が行われており、この数は世界一だ。つまり、日本は世界有数の不妊治療大国だといえる。

 海外先進国では、不妊治療患者を対象とした調査が実施されており、不妊治療は、患者(主に女性)の心身に大きな負担をもたらすことが明らかになっている。しかし日本では、不妊治療が盛んに実施されているにも関わらず、大規模な調査が実施されていない。

 そこで、国立成育医療研究センター社会医学研究部などでは、4つの医療機関およびインターネットを通じて、不妊治療をはじめる、もしくははじめた女性約500人をリクルートし、約1年間の追跡調査を実施した。

 今回の研究では、この追跡調査の初回のデータを用いて、高度不妊治療開始初期の女性のメンタルヘルスの状況を明らかにした。

 研究は、国立成育医療研究センター研究所社会医学研究部の加藤承彦室長らの研究グループによるもの。研究成果は、「Scientific Reports」に掲載された。
不妊治療を受ける女性の54%に軽度以上の抑うつ症状が
 研究グループは、体外受精などの高度不妊治療を受ける女性約500人を対象とした疫学調査のデータを用いて、治療開始初期(主にこれから治療を開始する女性、採卵2回までの女性)の調査参加者のメンタルヘルスやQOL(生活の質)の状況を分析した。

 その結果、「軽度以上の抑うつ症状あり」と判定された参加者の割合は54%だった。また、不安が高まっている状況と判定された割合も39%と高い割合を示した。

 とくに、20歳代の参加者で、メンタルヘルスの不調やQOL低下の傾向が顕著だった。抑うつ症状の分布では、「軽度以上の抑うつ症状あり」が78%で、参加者全員での割合の54%に比べても高かった。

 健康関連QOL尺度(SF-12)を用いたQOLの評価でも、国民標準値である50と比較して、社会生活機能は41.7、日常役割機能(精神)は40.4、心の健康は42.6と低下している傾向がみられた。

 「現在、不妊治療での経済的側面への支援(保険適用)に関する議論が進んでいますが、不妊治療を受ける女性のメンタルヘルスに関しても支援が必要であることが示唆されました」と、研究者は述べている。

 研究グループは現在、初回調査の自由記載欄のコメントを用いて、どのような要因が不妊治療のストレスに寄与しているのかを分析している。

 また、今回の調査は、治療開始初期の女性を対象としたものだが、今後の追跡調査では、治療期間が長期化した場合のメンタルヘルスやQOLの変化を分析する予定。

 海外の研究では、メンタルヘルスの不調は不妊治療の中止や終了と関連するとの知見が示されている。追跡調査のデータの蓄積を待って、メンタルヘルスと妊娠成立や治療の中止などとの関連も分析していく予定としている。

国立成育医療研究センター研究所社会医学研究部
Depressive symptoms, anxiety, and quality of life among Japanese women at initiation of Assisted Reproductive Technology treatment(Scientific Reports 2021年4月6日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶