ニュース

【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連

 2019年度における生活習慣病の医療費を分析したところ、入院外の受診率は、(1)高血圧症、(2)高脂血症、(3)糖尿病の順に高く、家族は、(1)高脂血症、(2)高血圧症、(3)糖尿病の順に高いことが、健康保険組合連合会(けんぽれん)の調査で明らかになった。
 入院では「脳血管障害」の医療費が増加しており、入院外では「糖尿病」の医療費が増加している。
医療費:入院では「脳血管障害」が増加 入院外では「糖尿病」が増加
 健康保険組合連合会(けんぽれん)が公表した2019年度の「生活習慣関連疾患医療費に関する調査」で、1,295組合の総医療費(医科+調剤)は約3兆5,227億円で、うち生活習慣関連10疾患医療費は約4,422億円で、全体の12.6%を占めることが明らかになった。

 調査は、1,295組合の「医科」・「調剤」の電算処理レセプト(2億7,098万2,014件)をもとに、生活習慣関連10疾患の動向について、受診率や1人当たり医療費などの医療費関連指標にもとづき検討したもの。

 10疾患とは、▼糖尿病、▼脳血管障害、▼虚血性心疾患、▼動脈閉塞、▼高血圧症、▼高尿酸血症、▼高脂血症、▼肝機能障害、▼高血圧性腎臓障害、▼人工透析。

 入院と入院外に分けてみると、入院は576億円(生活習慣病の医療費が13.0%)、入院外は3,846億円(同87.0%)となり、生活習慣病の医療費は入院外が約9割を占めている。

 生活習慣関連10疾患の入院の1,000人当たりの受診率は、(1)高血圧症(8.8件)がもっとも多く、(2)糖尿病(7.0件)、(3)高脂血症(5.0件)と続く。家族では、(1)高血圧症(4.4件)がもっとも多く、(2)糖尿病(3.9件)、(3)高脂血症(2.6件)と続く。

生活習慣関連10疾患別受診率(1,000人当たり件数)

【医科入院】

出典:健康保険組合連合会、2021年

 入院外の受診率は、(1)高血圧症(873.6件)がもっとも多く、(2)高脂血症(801.0件)、(3)糖尿病(593.9件)と続く。家族では、(1)高脂血症(366.3件)がもっとも多く、(2)高血圧症(334.5件)、(3)糖尿病(251.0件)と続く。

生活習慣関連10疾患別受診率(1,000人当たり件数)

【医科入院外】

出典:健康保険組合連合会、2021年

 医療費構成割合は、入院では、(1)脳血管障害(37.1%)、(2)虚血性心疾患(28.4%)、(3)糖尿病(12.5%)の順に高く、入院外では、(1)糖尿病(31.8%)、(2)高血圧症(25.3%)、(3)高脂血症(18.2%)の順に高い。

生活習慣関連10疾患別医療費構成割合

出典:健康保険組合連合会、2021年

 1人当たり医療費は、入院では、(1)脳血管障害(976円)、(2)虚血性心疾患(943円)、(3)糖尿病(336円)の順に高く、家族は、(1)脳血管障害(531円)、(2)人工透析(184円)、(3)糖尿病(169円)の順に高い。

 入院外の医療費は、(1)糖尿病(6,249円)、(2)高血圧症(5,015円)、(3)高脂血症(3,371円)の順に高く、家族は、(1)糖尿病(2,169円)、(2)高血圧症(1,674円)、(3)高脂血症(1,514円)の順に高い。

 入院の医療費は、(1)脳血管障害(101万5,052円)、(2)人工透析(78万42円)、(3)虚血性心疾患(51万6,257円)の順に高く、家族は、(1)人工透析(108万3,635円)、(2)脳血管障害(91万6,042円)、(3)動脈閉塞(29万6,925円)の順に高い。

 入院では、年齢が上がるとともに「虚血性心疾患」の医療費も高まっており、60歳を過ぎると4割程度を占める。「脳血管障害」は、▼入院期間が長い、▼1日当たり医療費が高いなど、医療費増の要因となっており、医療費が若い世代にシフトしている傾向がある。

生活習慣関連10疾患別推計1入院当たり医療費

出典:健康保険組合連合会、2021年

 受診率が高い「糖尿病」「高血圧症」「高脂血症」については、生活習慣の改善による「一次予防」と、適正な受診治療による「重症化予防」が重要だ。

 特定健診や特定保健指導で、「生活習慣の改善指導による予防」を促し、多忙や面倒であるなどの背景による「軽症者の治療からのドロップアウト」を防止し、重症化を予防する取り組みが重要となる。治療では、同じ効果で低価格の「後発医薬品」の使用も進める必要もあるとしている。また、オンライン診療の活用は、治療からのドロップアウトの防止に役立てられる可能性がある。

健康保険組合連合会(けんぽれん)
統計データ - 調査報告書
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年07月06日
【新型コロナ】コロナ禍が終わってもマスク着用は必要 インフルエンザとの共感染を防ぐためにマスクが有用
2021年07月05日
座位時間が長いほど死亡リスクが上昇 生活習慣病があるとさらに危険「立ち上がって運動を」 日本人6万人超を調査
2021年07月05日
野菜を食べると健康リスクを抑えられる 野菜にはどんなサプリよりも強い効果が がんや腎臓病も予防
2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,995 人(2021年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶