ニュース

精神障害の労災支給決定が過去最多に 「令和2年度過労死等の労災補償状況」を公表

 厚生労働省はこのほど、令和2年度の「過労死等の労災補償状況」を公表した。

 精神障害の労災補償状況では支給決定件数が昨年度比99件増の608件で、2年連続で最多を記録した。

 厚労省は年に一回、過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、仕事による強いストレスが原因で発病した精神障害による労災請求件数や労災保険給付の支給決定件数などを取りまとめ、公表している。

 このうち、令和2年度の脳・心臓疾患による労災の請求件数は784件で前年度比152件減少し、支給決定件数も194件と前年度比22件減となった。死亡件数は前年度比19件減の67件。

 業種別で見ると、「運輸業・郵便業」が請求件数、支給決定件数ともに最多となり、「卸売業・小売業」、「建設業」が続く。「運輸業・郵便業」の中では「道路貨物運送業」が最も多い。職種別で見ても、請求件数・支給決定件数ともに多いのが「輸送・機械運転従事者」の「自動車運転従事者」で、運輸業の労災リスクの高さが目立つ。

精神障害の労災請求は減少し、支給決定は増加!

 一方、精神障害に関する事案の労災補償状況では、請求件数は2051件で前年度比9件減少したが、支給決定件数は608件で前年度に比べて99件増加した。支給決定件数の増加は2年連続で最多。


出典元:令和2年度「過労死等の労災補償状況」(厚生労働省/2021年6月23日)

 業種別では請求件数、支給決定件数ともに「医療・福祉」が最多で、「製造業」、「卸売業・小売業」が続く。年齢別では「40~49歳」が請求件数597件、支給決定件数174件で最多。次いで「30~39歳」、「20~29歳」の順に多く、働き盛りの若い世代が大半を占める。

 精神障害の発病に関与した事象とする出来事別では、「上司等から、身体的攻撃、精神的攻撃等のパワーハラスメントを受けた」99件、「悲惨な事故や災害の体験、目撃をした」83件、「同僚等から、暴行又は(ひどい)いじめ・嫌がらせを受けた」71件などの結果となった。

 また裁量労働制対象者に関する労災補償状況もまとめているが、脳・心臓疾患の支給決定件数は1件、精神障害の支給決定件数は6件で、いずれも専門業務型裁量労働制対象者だった。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2021年07月20日
熱中症を予防するための10ヵ条 熱中症を対策しなからウォーキングなどの運動を続ける
2021年07月20日
高齢者はなぜ自宅で熱中症に? 体感以上に暑さを感じる機能が低下 数日間で少しずつ脱水症状に
2021年07月20日
【新型コロナ】コロナ禍でアルコール関連疾患の入院が増加 自粛期間中の飲酒に注意
2021年07月13日
【新型コロナ】コロナ禍で「熱中症」が東京では増加傾向 ステイホームにともなう暑熱順化の遅れか
2021年07月12日
朝食でタンパク質を摂ると筋肉を増やせる 筋肉が低下した女性や高齢者は「体内時計」に合わせた食事タイミングを
2021年07月12日
中年の肥満男性では"血糖値スパイク"が日常的にみられる 健診では分からない"隠れ高血糖" 新たな検査方法が必要
2021年07月12日
牛乳がメタボ・糖尿病・高血圧のリスクを減少 牛乳を飲んでいる人はコレステロールが低下
2021年07月12日
唾液検査で「大腸がん」を高精度・大規模に診断することが可能に 唾液中のがんマーカーを1分で測定する技術を開発
2021年07月08日
【健やか21】「第10回健康寿命をのばそう!アワード(母子保健分野)」の応募受付を開始します(厚生労働省)
2021年07月08日
精神障害の労災支給決定が過去最多に 「令和2年度過労死等の労災補償状況」を公表
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,995 人(2021年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶