ニュース

特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱

 特定健診・保健指導の効果を、厚生労働省が2018年までのおよそ10年間のデータベースを使い検証したところ、健診後の保健指導により体重や血糖値を減少させる効果がみられた一方、血圧やコレステロールを改善させる効果は確認されなかった。

 ワーキンググループは制度の効果を検証するため、2018年までのおよそ10年間に、健診を2回以上受けた全国のおよそ4,400万人について健康状態を分析した。

 「特定健診後の介入として、特定保健指導だけではなく、医療機関受診による服薬開始などの影響もふまえ、より多面的な評価を今後実施する必要がある」としている。

特定保健指導に一定の効果 体重や血糖値が減少 課題もあり

 厚労省がまとめた「特定健診・保健指導の効果的な実施方法に関する調査研究に係る報告書」で、健診後の保健指導により体重や血糖値を減少させた人が多く、男性の積極的支援対象者で有意なLDLコレステロール低下が認められたなど、一定の効果はみられるものの、全般に血圧やコレステロールを改善させる効果は確認されず、課題もあることが明らかになった。

 特定健診・保健指導制度は、一般住民(40歳以上75歳未満)を対象に生活習慣病(肥満、高血圧、高血糖、脂質異常など)のスクリーニングを行い、生活指導介入(特定保健指導)により健康アウトカム改善を目指す事業。

 一方、NDB(ナショナルデータベース)は、厚生労働省が構築したレセプト情報や特定健診などの情報のデータベース。ワーキンググループは、NDBに含まれる2008~2018年の特定健診・特定保健指導データを用いて、特定保健指導が健康アウトカムに与える影響を検討した。

 対象となったのは、2008~2018年に2回以上の健診を受診した39~75歳の約4,400万人。初回健診受診時での、3年および5年後までの健診結果(体重、収縮期血圧、HbA1c、LDLコレステロール)に、特定保健指導が与える影響を、回帰不連続デザインで推定した。

【保健指導の割付効果 主な結果】

割付効果
体重男性:-0.09kg (-0.10kg to -0.06kg) 女性:-0.14kg (-0.17kg to -0.09kg)
HbA1c男性:-0.004% (-0.006% to -0.001%) 女性:-0.01% (-0.02% to -0.01%)

実施効果
体重男性:-0.87kg (-0.96kg to -0.61kg) 女性:-1.04kg (-1.33 to -0.66)
HbA1c男性:-0.03% (-0.06% to -0.01%) 女性:-0.07% (-0.12% to -0.04%)

 収縮期血圧、LDLコレステロールとの関連は認めなかった。男女で効果量に大きな違いは認められなかった。  ただし、ベースラインでの収縮期血圧が140mmHg以上の女性では、割付効果:-0.77mmHg、実施効果:-4.04mmHgと、収縮期血圧の低下を認められた。

 体重減少への効果は、5年アウトカムで3年アウトカムに比べて、減弱していた。女性では収縮期血圧の低下(割付効果:-0.35mmHg、実施効果:-2.46mmHg)とHbA1cの低下(割付効果:-0.01%、実施効果:-0.10%)が認められた。男性では収縮期血圧が軽度上昇していた。

【保健指導の割付効果 副次的な結果】

  • 解析対象者の中で腹囲が基準値を超えたのは女性10.5%、男性42.0%だった。
  • 腹囲基準周辺の対象者は、収縮期血圧の中央値は124mmHg(男女とも同値)、HbA1cの中央値は5.5%(男性)、5.6%(女性)、LDLコレステロールの中央値は128mg/dL(男性)、135mg/dL(女性)だった。
  • 腹囲基準以上で、保健指導への割付割合、実施割合が高値だった。腹囲基準以上の者での保健指導実施割合は10~11%程度。保健指導実施者で、腹囲基準周辺(基準±5cm)に51.8%が分布していた。
  • 性別・指導レベル別(動機づけ・積極的支援)のサブグループ解析では、積極的支援集団で体重減少の点推定値が大きい傾向があるが、サブグループ間で明らかな違いが認められなかった。男性の積極的支援対象者で、有意なLDLコレステロール低下が認められた。

 今回の調査は、特定健診データ内に含まれる検査値の変化をアウトカムに設定し分析が行われたが、「特定保健指導と生活習慣病や心血管病の発症予防との関連については、引き続き分析を追加していく必要がある」と、ワーキンググループは指摘している。

 「その際、特定健診後の介入として特定保健指導だけではなく、医療機関受診による服薬開始などの影響もふまえ、より多面的な評価を今後実施する必要がある」としている。

回帰不連続デザインで推定された保健指導の効果(3年アウトカム)

特定保健指導への割付、あるいは実施が、3年健康アウトカム(体重変化、収縮期血圧(SBP)変化、HbA1c変化、LDLコレステロール変化)に与えた影響

回帰不連続デザインで推定された保健指導の効果(5年アウトカム)

特定保健指導への割付、あるいは実施が、5年健康アウトカム(体重変化、収縮期血圧(SBP)変化、HbA1c変化、LDLコレステロール変化)に与えた影響

出典:厚生労働省、2021年

特定健診・特定保健指導について(厚生労働省)
保険者による健診・保健指導等に関する検討会(厚生労働省)
NDBオープンデータ 分析サイト(厚生労働省)
特定保健指導等の効果的な実施方法の検証のためのワーキンググループ(厚生労働省)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶