ニュース

8月から応募スタート 「職場で始める!感染症対応力向上プロジェクト」の参加企業を募集

 東京都は、東京商工会議所と東京都医師会と連携し、企業の感染症対策を支援する「職場で始める!感染症対応力向上プロジェクト」を展開。インフルエンザやノロウイルス、風しんなどの感染症対策のため、教材などを企業に提供するもので、従業員の健康維持や、企業のリスク管理に役立ててもらう。基準を達成した場合は、「達成企業」として東京都のホームページで公表する。東京都では、多くの企業の参加を呼びかけている。

 プロジェクトは東京都商工会議所、東京医師会、東京都の三者が連携し、それぞれの強みを生かしながら参加企業をアシストするもの。企業の実情に応じて自由に選べる3つのコースを設定している。

 具体的には、
【コース1】感染症理解のための従業者研修
感染症の基礎知識ドリル(研修教材)を提供し、正しい知識の定着を図る。(研修教材はeラーニングでも提供)
達成基準...従業者の8割以上が教材受講

【コース2】感染症BCP(業務継続計画)の作成
BCPのひな形を提供し、職場で感染症患者が発生した場合に、業務を円滑に継続するための対処策の作成を図る。
達成基準...事業所単位でのBCP作成

【コース3】風しん予防対策の推進
予防接種等協力医療機関を紹介し、従業者の抗体(免疫)保有の確認や予防接種の推奨等を促し、職場ぐるみで風しん予防を図る。
達成基準...風しん抗体保有者が従業者の9割以上
 となっている。

 コース1の場合、感染症基礎知識ドリル(自習教材)をeラーニング形式、PDFデータ送付、1部印刷したものの送付、のいずれかで受け取る。

 対象企業は、東京都内に所在する会社、会社以外の法人、個人事業主で、事業所や部署単位でも申し込み可能。募集受付は随時、行っている。参加申し込みをすると「協力企業」、コースの基準を達成すると「達成企業」として、東京都のホームページで紹介され、取り組みがPRされる(希望によって公表しないことも可能)。

 問い合わせ、申し込みは、東京商工会議所 サービス・交流部(電話 03-3283-7670 FAX 03-3211-8278)まで。

職場で始める!感染症対応力向上プロジェクト(東京都福祉保健局)
[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2022年03月08日
【子宮頸がん】国際HPV啓発デーにHPVワクチンの有効性・安全性を啓発 積極的接種の勧奨が再開
2022年03月07日
【新型コロナ】あおもり藍葉の天然成分が感染を防止 ウイルスのスパイクタンパク質の結合を阻害
2022年03月07日
大麦に白米の19倍の食物繊維が 主食をおいしく、より低糖質に 「大麦粉普及プロジェクト」
2022年03月04日
世界肥満デー 肥満者の努力だけではコントロールできない 誤解や偏見に"思いやり"で対策
2022年03月03日
「認知症への理解と対応」へるすあっぷ21 3月号
2022年03月01日
「睡眠休養感」が健康維持で重要 簡便にはかれる「睡眠指標」で効果的な健診と保健指導を
2022年03月01日
【新型コロナ】働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査 コロナ禍で健康・意識・雇用・介護が変化
2022年02月28日
【新型コロナ】コロナ禍での人々の孤独を調査 若い世代と暮らし向きが悪化した人で孤独感がとくに強い
2022年02月28日
【新型コロナ】"楽しみ"をともなう運動でうつ病や不安を予防・改善 運動は楽しむことも大切
2022年02月28日
健康食品の「免罪符型」の動画広告が不健康な行動を誘発 健康食品では乱れた食事や運動不足を帳消しにできない
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶