ニュース

常勤保健師は前年度から約1000人増加 令和3年度保健師活動領域調査

 厚生労働省はこのほど、自治体に所属する全ての常勤保健師を対象に実施した令和3年度「保健師活動領域調査(領域調査)」の結果を公表した。

 常勤保健師数は前年度より969人増加し、37130人となった。

常勤保健師数の合計は前年度より増加して37,130人に

 保健師の活動領域について実態を的確に把握し、今後の施策を検討・実施するための基礎データとして調査している。毎年実施する領域調査と3年ごとに実施する活動調査があり、令和3年度は領域調査のみ実施した。対象は全国の常勤保健師。

 結果によると、前年度より都道府県の保健師は244人増加し5381人、市区町村の保健師は725人増加し31749人だった。所属部門別にみると、都道府県の保健師は本庁に17.3%、保健所に72.5%。市区町村の保健師は本庁に34.3%、保健所に12.8%、市町村保健センターに36.7%が所属していた。

 一方、退職者数は都道府県で302人(前年度比4人減少)、市区町村で1471人(同26人増加)。採用者数は都道府県で436人(同117人増加)、市区町村で2011人(同145人増加)だった。

 また統括保健師は全都道府県と、1069の自治体(全市区町村の61.4%)に配置。所属区分は本庁がほぼ半数を占めた。

[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2022年01月06日
「エビデンスから紐解く 心を整える生活習慣」へるすあっぷ21 1月号
2022年01月06日
常勤保健師は前年度から約1000人増加 令和3年度保健師活動領域調査
2022年01月05日
「よく噛めない」男性はメタボになりやすい 噛む力が弱いと、高血圧は3倍超、高血糖は2.7倍に増加
2022年01月05日
東京栄養サミット2021 アクションプラン 「食:健康的で持続可能な食料システムの構築」に向けて行動を開始
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 運動を増やして、座りがちの時間は少なく 運動不足を15%減少
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶