ニュース

令和3年の年間累計自殺者数 前年比減少も依然2万人超

 厚生労働省自殺対策推進室はこのほど、警察庁の統計に基づく自殺者数の推移等を公表した。令和3年の年間累計自殺者数は2万830人(速報値)で、対前年比251人の減少だった。

 過去10年間では平成31年(令和元年)の2万169人(確定値)に続く少なさだったが、依然2万人を超えており、引き続きの対策が求められている。

令和3年の年間累計自殺者数も2万人を超える

 国内の自殺者数は平成10年から14年連続で3万人を超えていたが、平成24年に3万人を下回った。特に平成22年以降は10年連続で減少し、平成31年(令和元年)は2万169人で、昭和53年の統計開始以来、最少を記録。

 しかし新型コロナウイルス感染症が拡大した令和2年は前年より912人多く、11年ぶりの増加となっていた。令和3年の速報値は2万830人と再び減少に転じたが、依然2万人を超えている。男女別の割合は男性が1万3815人、女性が7015人で、いずれも昨年に比べて減少した。

 都道府県別の統計では、自殺者数が最も多かったのは東京都で2293人(対前年比62人増)、次いで大阪府の1340人(同69人減)、愛知県の1186人(同14人増)。東京の対前年比増加数の62人は全国で最も多く、広島県も488人で同58人増、岡山県も316人で同49人増だった。

 一方、自殺死亡率(10万人あたりの自殺者数)は全国平均で16.5となった。自殺死亡率の高かった都道府県は山梨県の23.7、青森県の23.6、新潟県の21.2だった。

◇相談窓口◇
「まもろうよ こころ」(厚生労働省)
#いのちSOS(© NPO法人自殺対策支援センターライフリンク)

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2022年03月09日
【新型コロナ】ワクチン2回接種後に発熱した人は、ワクチンの効果がより強い? 解熱鎮痛剤の悪影響はみられず
2022年03月09日
「こんなワザが知りたかった! Web活用で効果アップをねらう 社員の健康支援」産業保健と看護 2022年2号
2022年03月08日
【国際女性デー】女性特有の健康課題を解決しパフォーマンスを向上 男女が理解しあいより良い職場環境を
2022年03月08日
【子宮頸がん】国際HPV啓発デーにHPVワクチンの有効性・安全性を啓発 積極的接種の勧奨が再開
2022年03月07日
【新型コロナ】あおもり藍葉の天然成分が感染を防止 ウイルスのスパイクタンパク質の結合を阻害
2022年03月07日
大麦に白米の19倍の食物繊維が 主食をおいしく、より低糖質に 「大麦粉普及プロジェクト」
2022年03月04日
世界肥満デー 肥満者の努力だけではコントロールできない 誤解や偏見に"思いやり"で対策
2022年03月03日
「認知症への理解と対応」へるすあっぷ21 3月号
2022年03月01日
「睡眠休養感」が健康維持で重要 簡便にはかれる「睡眠指標」で効果的な健診と保健指導を
2022年03月01日
【新型コロナ】働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査 コロナ禍で健康・意識・雇用・介護が変化
みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶