ニュース

運動はどれくらいやると良い? 週1回だけの運動ではダメ? 加齢にともなう筋肉の減少を防ぐために

 健康を維持するために、加齢にともない筋肉が減るのを防ぎ、筋肉を強く維持することは大切だ。筋肉量の減少は、心血管疾患、2型糖尿病、がん、認知症、骨粗鬆症、フレイルなど、多くの慢性疾患のリスクを高める。

 1週間で、まとまった時間をつくり集中的に運動するよりも、少なめの量でも運動を毎日行った方が、より効果的とした研究が発表された。

 「少量の運動でも週に分散して、できるだけ毎日行うようにし、蓄積していくことが重要です」と、研究者は述べている。

運動を毎日少しずつ行うのと、週に1回まとめて行うのとでは、どちらが良い?

 1週間で、まとまった時間をつくり集中的に運動するよりも、少なめの量でも運動を毎日行った方が、より効果的であることが、オーストラリアのエディス コーワン大学などの研究で明らかになった。

 健康増進のために運動に取り組んでいる人は多いが、運動は週に1回でも長時間行った方が良いのか、それとも短い時間でも良いので毎日行った方が良いのか、考え込んでしまう人は少なくない。

 研究では、筋肉を増やして筋力を向上するには、少ない量でも毎日行った方が、より有益なアプローチになる可能性が示された。毎日たくさんの量の運動をしなければならないわけではなく、自分のペースに合わせて続けることが大切だという。

 研究は、エディス コーワン大学の運動・スポーツ健康科学部の野坂和則教授や、西九州大学リハビリテーション学部の中村雅俊氏らが、新潟大学と共同で行ったもの。研究成果は、「Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports」に発表された。

適度な運動をほぼ毎日行うと筋肉の厚さと筋力が増加

 新潟大学と西九州大学と共同で、36人の健康な若年成人に参加してもらい、4週間の筋力トレーニングを中心としたトレーニングに取り組んでもらい、筋肉と筋力の変化を比べる実験を行った。

 参加者を12人ずつ3つのグループ分け、1つめのグループには、6セットのトレーニングを週に1回行ってもらい(6×1群)、2つめのグループには、6セットのトレーニングを週5日行ってもらい(6×5群)、3つめのグループには、6セットのトレーニングを5回、週に1日行ってもらった(30×1群)

 4週間のトレーニングにより、最大筋力発揮(MVC)や伸張性筋収縮(ECC)などにどのような変化が起こるかを調べた。

 伸張性筋収縮(エキセントリック収縮)とは、本来の筋肉の動作方向とは逆方向に筋肉が引き伸ばされながら収縮するような筋収縮のことで、アームカールでウエイトを上げて、ゆっくりと下ろしたときの筋肉の収縮がこれにあたる。

 その結果、30×1群では、筋肉の増加の指標となる筋肉の厚さは5.8%増加したが、筋力の増加は示されなかった。もっとも運動量の少ない6×1群では、筋肉の厚さと筋力に変化はみられなかった。

 一方で、6セットのトレーニングをほぼ毎日行った6×5群は、30×1群と同じくらい筋肉の厚さが増加しただけでなく、筋力が10%以上大幅に増加した。

関連情報

筋肉量の減少は糖尿病・がん・認知症・フレイルなどのリスクを高める

 「筋力トレーニングを含む運動は、適度な量のものを毎日行うと、筋肉を増やし、強くするために、より効果的であることが示されました」と、研究者は述べている。

 「運動ジムでの筋力トレは、頑張って長いセッションを行う必要があると考えている人がいますが、実際にはそんなことはありません。1日に1回~6回、ダンベルをゆっくりと上げ下げするといった、適度な運動をするだけで効果を期待できます。ただし、できるだけ毎日行うことが勧められます」としている。

 今回の研究では、上腕二頭筋の筋トレのみを行ったが、体の他の部位の筋肉についても、同じような効果をえられると考えられるという。

 「私たちの健康にとって、筋肉を強く維持し、加齢にともなう筋萎縮を防ぐことは大切です。筋肉量の減少は、心血管疾患、2型糖尿病、がん、認知症、骨粗鬆症、フレイルなど、多くの慢性疾患のリスクを高めます」としている。

運動には休息を含めることも重要

 「筋肉はより頻繁に刺激を受けることを好むようです。運動はなるべく毎日行った方が効果は高いのです」と、野坂教授は述べている。

 「忙しいなどの理由で、しばらくのあいだ運動をできなくて、休みがとれたときのみに長いセッションの運動をして埋め合わせをしようとしても、あまり意味はないかもしれません」。

 野坂教授は、運動療法には休息を含めることも重要だと指摘している。筋肉量を改善するために、適度の強度の運動とともに、休息をとることも必要になる。今回の研究でも、毎日6セットのトレーニングを行った6×5群は、週に2日の休みをとっていた。

 「筋肉の成長は休んでいるときに起こります。もしも、運動はやるほどに効果を得られると思い込み、1日24時間のトレーニングができたとしても、実際には筋肉は増えず、あまり改善されないでしょう」としている。

 「病気やケガなどの理由で、運動を1週間できない場合などでも、それほど問題はありません。状態が良くなったら、また通常の運動ルーチンに戻れば大丈夫です」と、アドバイスしている。

運動や身体活動を毎日の生活に取り入れることが大切

 オーストラリア政府の運動ガイドラインでは、成人は毎日活発に運動や身体活動を行い、週に2.5~5時間のウォーキングなどの中強度の運動を行うことを推奨している。

 野坂教授は、毎週行った運動の合計時間を目標とするよりも、運動や身体活動を毎日の生活に取り入れる重要性をもっと強調する必要があると指摘している。

 「週に1回、ジムに行って運動をするだけで、家や職場では毎日ほとんど運動していないといったやり方は、あまり効果的ではありません」としている。

 「筋肉が減るのを防ぐために、筋肉に負荷をかけて行う運動が必要です。今回の研究は、私たちの以前の研究と合わせて、週に1度だけ運動するだけでなく、少量の運動でも週に分散して、できるだけ毎日行うようにし、蓄積していくことが重要だと示唆しています」と、野坂教授は述べている。

Exercise answer: Research shows it's how often you do it, not how much (エディス コーワン大学 2022年8月15日)
Greater effects by performing a small number of eccentric contractions daily than a larger number of them once a week (Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports 2022年7月31日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2022年11月01日
【新型コロナ】高齢化が世界一の日本でなぜ死亡率が低いのか? 日頃の医療や保健活動の積み重ねが成果
2022年10月31日
【新型コロナ】運動がワクチン効果を高める ウォーキングなどの適度な運動によりワクチン効果は3倍に
2022年10月31日
【新型コロナ】ネットやSNSの医療・健康情報は信用できる? ヘルスリテラシーを高める4つのポイント
2022年10月31日
高齢者の「オーラルフレイル」に対策 口の機能を維持してフレイルを予防 「カムカム健康プログラム」を開始
2022年10月31日
更年期の女性が体重を増やすのは宿命? 「対処方法はあります、あきらめないで」と更年期障害学会
2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月24日
「超加工食品」の食べ過ぎで大腸がんリスクが上昇 不健康な食事は肥満・メタボの原因にも
2022年10月24日
【子宮頸がん】HPVワクチンのキャッチアップ接種は必要としている女性に届く? 9年近くにわたった積極的勧奨の差し控え
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶