ニュース

10月の全国労働衛生週間に備えよう 労働衛生活動、重点事項の確認を

 今年で73回目となる全国労働衛生週間が、厚生労働省と中央労働災害防止協会の主唱によって今年も10月1日から1週間にわたって実施される。

 9月中は準備期間とされ、重点事項の確認や日常の労働衛生活動の総点検が呼びかけられている。

全国労働衛生週間は2022年10月1日(土)から

 全国労働衛生週間は、働く人の健康管理や職場環境の改善、職場での自主的な労働衛生管理活動の促進を通して、労働者の健康を確保するのを目的に実施されている。

 毎年10月1日から1週間にわたって展開され、今年で73回目。今回のスローガンは「あなたの健康があってこそ 笑顔があふれる健康職場」。

 労働者の健康を守る労働衛生管理活動には課題が残る。例えば令和3年労働安全衛生調査(実態調査)によると、過労死等事案の労災認定件数は令和3年度に801件あり、仕事や職業生活に関する強い不安・悩みやストレスを抱える労働者は半数を超えている。

 また、職場における感染症の予防対策や、人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康確保、疾病を抱える労働者が仕事と治療を両立するための支援、化学物質による健康障害防止など事業所が取り組むべき事項は複数ある。

 下記を重点事項とし、それぞれの項目ごとに具体的な内容を挙げて取り組みをうながしている。

(ア) 過重労働による健康障害防止のための総合対策に関する事項
(イ)「労働者の心の健康の保持増進のための指針」等に基づくメンタルヘルス対策の推進に関する事項
(ウ)新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた取組の推進に関する事項
(エ)転倒・腰痛災害の予防及び「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」に基づく健康づくりの推進に関する事項
(オ)化学物質による健康障害防止対策に関する事項
(カ)石綿による健康障害防止対策に関する事項
(キ)「職場における受動喫煙防止のためのガイドライン」に基づく受動喫煙防止対策に関する事項
(ク)「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」に基づく治療と仕事の両立支援対策の推進に関する事項
(ケ)「職場における腰痛予防対策指針」に基づく腰痛の予防対策の推進に関する事項
(コ)「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」に基づく熱中症予防対策の推進に関する事項
(サ)「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」に基づく労働者の作業環境、健康確保等の推進に関する事項

 たとえば(サ)については、『自宅等においてテレワークを行う際の作業環境を確認するためのチェックリスト【労働者用】』を活用した作業環境の確保及び改善と、『テレワークを行う労働者の安全衛生を確保するためのチェックリスト【事業者用】』を活用した労働者の心身の健康確保と説明を勧めている。

 これらの準備期間を経て、10月1日からの本週間には職場巡視やスローガンなどの掲示、有害物の漏えい事故など緊急時の災害を想定した実地訓練、労働衛生に関する講習会や見学会の開催などで意識が高揚する取り組みを実施するよう促す。

 中央労働災害防止協会のホームページでは、労働衛生管理活動に役立つ情報や資料などを掲載。この機会をきっかけに、自主的な労働衛生管理活動が一層促進されるよう啓発している。

※記事初出時、タイトル・本文の一部に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。
[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2022年09月26日
【新型コロナ】ワクチンの組み合わせによる効果の違いをはじめて解明 「1・2回目ファイザー+3回目モデルナ」の効果は?
2022年09月22日
10月の全国労働衛生週間に備えよう 労働衛生活動、重点事項の確認を
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年09月20日
【新型コロナ】コロナ禍で介護の負担感が増加 家族介護者のメンタルヘルス不調は1.9倍に上昇
2022年09月20日
【新型コロナ】認知症リスクがコロナ感染後に2倍近くに上昇 医療のさらなる逼迫を懸念
2022年09月20日
「抗菌薬」や「薬剤耐性(AMR)」の説明は「かかりつけ医」から 良好な対話が正しい知識を広める
2022年09月20日
妊娠中に発酵食品を食べると生まれた子供は睡眠不足が少ない? 母親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2022年09月12日
【新型コロナ】感染しやすいのはどんな場所? 食料品店・薬局・公園は高リスク 新型コロナとの共存を目指す
2022年09月12日
【新型コロナ】うつ・不安・ストレスなど「精神的苦痛」が新型コロナ長期化のリスクを46%高める
2022年09月12日
野菜と果物をよく食べている人は死亡リスクが低い 日本人9.5万人を20年間調査
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶