ニュース

「痩せ」と「朝食抜き」の人でタンパク尿が増加 タンパク尿は腎臓病のリスクを知らせるSOS

 朝食欠食とタンパク尿陽性は、低BMIの痩せの人で強く関係することが、りんくう総合医療センター腎臓内科の村津淳氏らによる大規模な調査で明らかになった。

 低BMIで痩せている人ほど、朝食を抜くことに注意する必要があることが示唆された。医療機関などで、定期的に検査を受けることも大切だ。

 これまでに、朝食を抜くこととタンパク尿の有病率との関連性が報告されており、また朝食を抜くと肥満のリスクが高まることも知られている。

「痩せ」と「朝食抜き」の人でタンパク尿陽性が増加

 尿検査で発見されるタンパク尿は、腎臓になんらかの異常が起きていることを示すSOSのような意味をもつ。健康な人でも、ごく微量のタンパク質が尿に含まれるが、一定量以上のタンパク質が排泄されると、腎臓病が疑われる。

 腎臓の病気は、症状があらわれずに進行し、気付いたときは腎臓の働きが低下してしまっていたということもある。タンパク尿が出ている原因にもよるが、タンパク尿を改善することで、腎臓の機能を保護できると考えられている。

 タンパク尿は、心血管疾患と死亡率の重要な予測因子であり、これまでに、朝食を抜くこととタンパク尿の有病率との関連性が報告されている。また、朝食を抜くと肥満のリスクが高まることも知られている。しかし、どのような人でより注意すべきか明らかにされていない。

 これまでタンパク尿の有病率と低BMI(痩せ)との関連は、腎疾患のない無症候性の人を対象とした横断的研究で報告されている。そこで、りんくう総合医療センター腎臓内科の村津淳氏らは、正常な腎機能の被験者での朝食の欠食とタンパク尿の有病率との関連に対する、BMIの臨床的影響を評価した。

 その結果、朝食の欠食とタンパク尿との関連は、BMIが低い人ほど強くみられることが明らかになり、とくに低BMIの人の場合には、朝食を抜くことに注意する必要があることが示唆された。

 研究は、りんくう総合医療センター腎臓内科の村津淳氏らによるもの。研究成果は、「Front Endocrinol」に掲載された。

朝食を食べず痩せている人ほど、タンパク尿に注意が必要

 研究グループは、2008年4月~2018年12月に、市中病院で健康診断を受け、腎疾患の既往がなく、推定糸球体濾過量(eGFR)が60mL/min/1.73m²以上だった2万6,888人(男性:1万5,875人、女性:1万1,013人、平均年齢は男性49±11歳、女性48±12歳)を対象に横断研究を実施した。

 朝食を週3回以上欠食する症例を朝食欠食群、タンパク尿試験紙法で1+以上をタンパク尿陽性と定義した。そのほか、対象者には喫煙、アルコール多飲、運動不足、睡眠不足、間食の有無、深夜/夕食時の生活行動、既往歴(高血圧・糖尿病・脂質異常症・脳卒中・高尿酸血症・冠動脈疾患)についてアンケートを行った。

 朝食抜きとタンパク尿の有病率との関連性はBMIを3つのサブグループ(男性:<22.2、22.2~24.5、≧24.5 女性:<19.3、19.3~21.6、≧21.6)に区分し比較した。

 対象者のうち、朝食を抜いていたのは、男性が3,306人(20.8%)、女性が1,514人(13.8%)。朝食抜きとタンパク尿(タンパク尿が1+以上と定義)の有病率との関連については、臨床的に関連する要因で調整されたロジスティック回帰モデルを用いて評価した。

 その結果、男性女性ともに、朝食欠食とタンパク尿陽性と有意な関係が認められた。さらに、BMI、腹囲ともに低いほどタンパク尿と有意な関係が認められた。

 この関連性は、BMIの低い被験者で顕著で、調整オッズ比は、男性がBMI<22で1.67[1.17~2.38]、女性がBMI<19.3で1.92[1.31~2.82]とBMI19.3~21.6で1.75[1.07~2.86]となった。BMIが高い被験者ではこうした結果はみられなかった。

Lower body mass index potentiates the association between skipping breakfast and prevalence of proteinuria (Frontiers in Endocrinology 2022年8月19日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2022年11月01日
【新型コロナ】高齢化が世界一の日本でなぜ死亡率が低いのか? 日頃の医療や保健活動の積み重ねが成果
2022年10月31日
【新型コロナ】運動がワクチン効果を高める ウォーキングなどの適度な運動によりワクチン効果は3倍に
2022年10月31日
【新型コロナ】ネットやSNSの医療・健康情報は信用できる? ヘルスリテラシーを高める4つのポイント
2022年10月31日
高齢者の「オーラルフレイル」に対策 口の機能を維持してフレイルを予防 「カムカム健康プログラム」を開始
2022年10月31日
更年期の女性が体重を増やすのは宿命? 「対処方法はあります、あきらめないで」と更年期障害学会
2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月24日
「超加工食品」の食べ過ぎで大腸がんリスクが上昇 不健康な食事は肥満・メタボの原因にも
2022年10月24日
【子宮頸がん】HPVワクチンのキャッチアップ接種は必要としている女性に届く? 9年近くにわたった積極的勧奨の差し控え
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶