オピニオン/保健指導あれこれ
「間食指導」で考える生活習慣改善アセスメント ~行動変容ステージに応じた成功アプローチを伝授します!

No.4 実行期:生活改善への気づきを促し、考えを整理する面接の実際

神奈川県立保健福祉大学プライマリー栄養ケア研究室
佐野 喜子
第4回:実行期
生活改善への気づきを促し、考えを整理する面接の実際(1)

 第4回目は「実行期」について考えてみます。実行期とは、「明確な行動変容がみられるが、その持続がまだ6カ月未満である時期」とされています。改善策に対する実行効果が気になり、今後も継続していけるか不安を抱く時期です。小さな変化でもポジティブに受けとめてもらえるよう、やる気(自己効力感)を高める指導が必要となります。

 まずは、「実行期」の人に多い、よくあるセリフをみてみましょう。

このステージの方の特徴

 明らかな行動変容が観察されますが、実践をスタートしてまだ月日が浅いため、今後の継続についての不安が「とてもある」もしくは「そこそこある」状況です。行動したことで指導者が安心して対象者に自己管理を任せてしまうと、ちょっとしたきっかけで望ましくない行動が再発するリスクがあります。改善行動が完全に習慣化するまでは、継続へつながるアドバイスが必要です。

「栄養/食生活」に関するニュース

2021年06月09日
「今こそワクチンリテラシーを高めよう」へるすあっぷ21 6月号
2021年06月08日
夏野菜「トマト」が肥満とメタボのリスクを低下 リコピンやβカロテンで血管を健康に
2021年06月08日
高齢者が地域で活用できるパンフレット「おいしく食べて低栄養予防」 栄養状態を自分で把握できる 通いの場などで活用
2021年06月07日
肥満が歯周病を悪化させるメカニズムを解明 腸内フローラが不健康だと歯周病も悪化しやすい
2021年06月01日
アルコールを少し飲み過ぎただけで肥満・メタボのリスクは上昇 標準的なアルコール量はどれくらい?
2021年06月01日
糖質の摂り過ぎが恐いのは肥満だけではない 加糖飲料が50歳未満の女性の大腸がんリスクを上昇
2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月26日
20歳以降の「体重10kg以上増」は高血圧・脂質異常症・高尿酸血症・メタボと関連 日本人3万人超を調査
2021年05月25日
余命を縮める最大の原因は喫煙と糖尿病 健康的な食事と運動などの生活スタイルは人を幸せにする
2021年05月25日
外食やテイクアウトのメニューにカロリー表示を 健康的な食品を選べて肥満やメタボのリスクも低下
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶