関連資料・リリース情報

都市部地域住民における軽度の高血圧性網膜症と循環器病発症リスクとの関連

都市部地域住民における軽度の高血圧性網膜症と循環器病発症リスクとの関連

 国立研究開発法人国立循環器病研究センター健診部の小久保喜弘特任部長らは、都市部地域住民を対象とした研究を用い、軽度の高血圧性網膜症とその後の循環器病発症リスクとの関連について検討しました。

 日本における先行研究では、軽度高血圧性網膜症と循環器病死亡リスクとの関連が示されましたが、今回の研究は、高血圧の有病率の低い都市住民において、眼底検査により循環器病発症を予測できるというエビデンスを初めて示したものです。

(国立循環器病研究センター/2022年1月26日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「特定保健指導」に関する資料・リリース

2024年06月14日
「令和3年度 業態別にみた被保険者の健康状態に関する調査」 「令和4年度 特定健診・特定保健指導の実施状況【速報版】」
2024年06月14日
令和5年度産業保健活動総合支援事業アウトカム調査報告書
2024年06月03日
2022年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況
2024年05月22日
【事例集】特定保健指導の質向上に向けた取組に関する好事例集
2024年05月07日
血圧手帳のダウンロード

「特定保健指導」に関するニュース

2024年06月24日
「肺がん検診」の受診率は50%前後 7割の若者は「受けたい」と意欲的 がん検診の受診率を高めるプラス要因とは?
2024年06月24日
子供や若者の肥満が増加 超加工食品をよく食べる子供は食事の質が低い 人生の早い段階から肥満対策が必要
2024年06月24日
健康的な食事は地球にもやさしい 多様な食品を食べると栄養バランスが良くなり二酸化炭素の排出も減少
2024年06月24日
就労者の睡眠習慣をスマホアプリで改善 睡眠時間を増やすのに成功 デジタルヘルスを活用
2024年06月17日
どんな食事スタイルの人が肥満・メタボのリスクが高い? 食事を改善する簡単な方法「食べることに意識を集中」
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶