関連資料・リリース情報

日本肥満症予防協会 特別勉強会
「第四講座:特定保健用食品を活用した保健指導」

日本肥満症予防協会 特別勉強会
<第四講座:特定保健用食品を活用した保健指導>

講 師:佐野喜子先生 (日本肥満症予防協会 実行委員/公益財団法人 結核予防会 総合健診推進センター)

<前 編>学習編
「特定保健用食品(トクホ)」は、消費者の健康の維持・増進に役立てることを目的に1991年に誕生しました。
「学習編」ではトクホなど、機能性が表示されている食品について、その制度や表示例、利用方法、科学的な情報の入手方法などを紹介します。

<後 編>活用編
「活用編」では、メタボリックシンドロームの保健指導でのトクホ等の活用例を紹介します。
保健指導では、対象者が自らの課題に気づく問いかけ、確実な結果を導くための行動計画の立案に加え、継続への自信を高める情報提供が求めらます。
トクホや機能性表示食品は、継続のための情報提供に活用できます。

(一般社団法人 日本肥満症予防協会/2022年 4月)

[保健指導リソースガイド編集部]

「特定保健指導」に関する資料・リリース

2022年09月15日
第74回「保健文化賞」受賞者が決まりました
2022年08月29日
スマートフォンアプリを活用した特定保健指導の効果検証を実施 ~朝晩の体重測定によって、3ヶ月で平均体重2kgの減量効果を確認~
2022年08月03日
「家族と健康」WEB版 8月号
2022年07月06日
「家族と健康」WEB版 7月号
2022年07月04日
「第11回健康寿命をのばそう!アワード」(生活習慣病予防分野)募集開始のお知らせ

「特定保健指導」に関するニュース

2022年09月26日
【社会生活基本調査】男性の家事・育児などの時間は過去最長 でも女性はその4倍 「男性中心型社会」からの脱却が必要
2022年09月26日
【特定健診】健診の無償化に受診促進の効果が 「若年層や低所得層への受診促進策も必要」
2022年09月26日
保健指導では規則正しい生活リズムを重視 活動的な高齢者は幸福を感じやすく認知能力も高い
2022年09月26日
肥満・メタボ改善のためのウォーキングは1日1万歩が必要? 2000歩増やしただけでも健康効果が
2022年09月26日
肥満があると腰痛リスクが上昇 BMIが5%増えると腰痛リスクは11%増加 BMIを10%減らすのを目標に

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶