ニュース

「知的な好奇心」が脳力を高める 認知症を予防

 読書や書き物、知人との対話など、脳に刺激を与える活動をすることは、高齢者の認知症予防に有用という研究が発表された。高齢者を含める全ての年齢層で、知的な刺激は脳を活性化し、認知能力を維持するのに有用だ。

 米国ラッシュ大学医療センターの研究チームは、294人の高齢者を対象に、思考や記憶の活性化に関するテストを行った。

 脳に刺激を与える活動は、▽読書をする、▽音楽を聴く、演奏する、▽書き物をする、▽チェスのようなゲームをする、▽劇場や美術館、博物館を訪問する、▽子供と遊ぶなど、さまざまなものがある。

 調査の対象者の死亡年齢は平均89歳で、対象者が亡くなるまで続けられ、追跡期間の平均年数は5.8年だった。

 研究チームはアンケートにより、子供のころから現在に至るまで、上記のいわば「脳の訓練」を行う頻度を訊ねた。その結果、脳に刺激を与える活動を行う頻度に比例して、記憶力や思考力の衰えが抑えられることが分かった。

 特に、人生の後半に「脳の訓練」を行う頻度が高かった人は、普通程度の人に比べて記憶力の低下は32%抑えられていた。一方で、ほとんど行わない人は普通程度の人に比べ、記憶力低下の速度は48%速くなっていた。

 「生活スタイルの活性化は、身体の健康の視点から重要とみられることが多いのですが、実は脳の健康に対しても重要な意味をもっています。人生の全般において、脳に適度な刺激を送り続けることは、認知能力の低下を防ぐために大切です」と、ラッシュ大学のロバート ウィルソン氏(神経学)は話す。

 アルツハイマー病などの認知症の予防と治療の鍵を握るのは「アミロイドβ」というタンパク質だ。アミロイドβが脳内で凝集するとともにアルツハイマー病が進行していく。高齢者の認知能力の低下のおよそ3分の1は、脳卒中などの脳血管障害や、アミロイドβの蓄積によるアルツハイマー病が原因となる。

 ウィルソン氏らは、対象者の死後、脳の解剖を行って認知症の徴候がなかったかどうかを確認した。アミロイドβの増加や、新皮質のレビー小体、神経原線維変化などの認知症を示す病変を調べた。その結果、生涯にわたって「脳の訓練」を行っていた人は、そうでなかった人よりも脳の異常が少ないことが分かった。

 「知的な活動をして、脳に適度な刺激を送り続けることは、年齢がいくつであっても、あなたが誰であっても、一生のあいだに継続できることです。いつまでも活動的であることが、認知能力の低下だけでなく、認知症の予防にもつながります」と、ウィルソン氏はアドバイスしている。

Life-span cognitive activity, neuropathologic burden, and cognitive aging(米国神経学会 2013年7月3日)

[Terahata]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月15日
「パワハラ対策の法制化で会社はどう変わるか 産業保健スタッフとハラスメント」産業保健と看護 2021年1号
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年01月04日
保健指導リソースガイド【1年間でもっとも読まれたニュース ベスト15】1位はあの記事
2020年12月28日
【新型コロナ】米を主食とした「日本型食生活」で感染症に負けない 食育健康サミットをWeb開催
2020年12月23日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月22日
年末年始は体重のコントロールを乱しやすい 簡単に実行できる8つの対策 この時期を上手に乗り切るために
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,795 人(2021年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶