ニュース

特集 これからの健診・保健指導 「へるすあっぷ21」11月号


「へるすあっぷ21」11月号

月刊、年12冊 定価(1冊):735円
年間購読料:9,960円(税・送料込)
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」11月号をご紹介致します。

 今号の特集は「これからの健診・保健指導」とし、第2期がスタートした特定健診・特定保健指導を解説します。

 より効果的な生活習慣病対策に向けて、これからの健診・保健指導をどう進めていけばよいのか。

 「標準的な健診・保健指導プログラム(改訂版)」のポイントも踏まえながら、専門家に聞くとともに、医療保険者や健診機関等の取り組みを紹介します。

 標準的な健診・保健指導プログラムが改訂

 自己決定を援助する保健指導を
  こんなときどう対応する? 特定保健指導

 健診・保健指導の効果的な推進事例
  (1)全国健康保険協会鳥取支部
  (2)フィオーレ健診クリニック
  (3)倉田会メディカルサポートクリニック

「へるすあっぷ21」11月号
株式会社法研

【目次】

■みんなの食育 小島美和子
 食品の加工度に注目!

■最新医療情報
 小腸に加え大腸も カプセル内視鏡の領域拡大

■それぞれの終末期 INTERVIEW
 世田谷区立特別養護老人ホーム芦花ホーム・医師
 石飛 幸三さん

■HEALTH TOPIC
 睡眠薬の適正使用に向け、ガイドラインを策定
 ~減薬・休薬を見据えた不眠症治療へ~

■DATA PICK UP 上司と部下のすれ違い

■職場で活かす!ストレスをためないコミュニケーション 森田汐生
 批判への対処法 その2 ~理不尽な批判への対応~

■けんぽREPORT
 ヤマハ健康保険組合
 「めざすのは、加入者の健康と幸せの実現!」

■SELFCARE TREND
 体力年齢を知ることから始める! 若さキープトレーニング

■HEALTH UP 最前線
 沖縄にみる 食文化と健康の関係

■脳の老化を防ぐトレーニング

【連載】

■カンタン・カイテキ 関節体操 白木仁
 股関節をほぐそう

■健康リテラシーを身につけよう 梅垣敬三
 食物アレルギーが心配な人へ
 ~食物アレルギーとアレルギー物質表示の見方~

■基礎からわかるメンタルヘルス不調への対応 関谷剛
 "新型うつ"への対応

■カラダは語る 野口緑
 肝機能のメカニズム

■"自己保健力"を高める産業保健活動 永島昭司
 ばく露と健康への影響に関心をもつ

■耳よりステーション
 【ダイエット】冨士原伴子「便秘予防でおなかすっきり」
 【スキンケア】藤本智子「金属アレルギーはなぜおこる?」

■発祥地探訪
 病後児保育

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[soshinsha]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
2021年01月18日
【新型コロナ】ワクチンの利益とリスク 正しく評価し、接種の判断を 日本感染症学会が提言「ゼロリスクはありえない」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶