ニュース

冬の肌の手入れ 簡単にできるケアで乾燥肌を緩和

 寒さが増してくると気になるのが乾燥。手足がかゆくなったり、カサカサになるといった乾燥肌の症状に困っている人は多い。乾燥肌は、家庭で適切なケアを行うことでかなり緩和することができる。

 米コロンビア大学医療センターのロビン グマイレク博士(皮膚科)は、家庭でできる乾燥肌対策として次のことを解説している。
皮膚科が教える皮膚の乾燥対策
 乾燥肌というと「肌質の問題で、深刻な病気ではない」と捉える人がいるかもしれない。しかし、皮膚トラブルを放置したままでいると症状が悪化したり、日常生活にも支障が出ることもある。

 皮膚が乾燥すると外部からの刺激を受けやすくなるため、ちょっとした物理的な刺激にも敏感になる。すると、下着のしめつけ部位がかゆくなったり、髪や衣類の感触が気になりイライラしたり、ストレスも増える。かゆみがひどい場合は、睡眠不足におちいるケースもある。

 また、ついかき過ぎてしまって炎症や湿疹化をまねいたり、皮膚をひっかくこと自体が刺激になってさらにかゆみが生じ、悪循環に陥ることもある。また、長期間にわたってかいたりこすったりを繰り返していると、やがては傷跡のように残ってしまう可能性もある。

 うるおいのある健康な皮膚の表面は、きれいに整列した「角質層」と、汗と皮脂が混ざりあってできる「皮脂膜」が覆って、皮膚にバリアをつくっている。

 冷たい空気や風にさらされることで、角質層がはがれ、末梢血管が収縮し、皮膚の血流が悪くなる。皮脂の分泌が悪くなると同時に、肌の水分も少なくなる。外からの刺激に対しても無防備になりので、肌荒れを起こしてさまざまな肌トラブルが起こる。

 皮膚の皮脂や水分が失われることで、肌本来の保湿力、抑制力が低下し、乾燥が進んでいく。乾燥肌がひどくなった状態は、皮脂欠乏性湿疹ともいう。

 そうならないための乾燥肌対策の方法をまとめると、次のようになる。

・ 室内の湿度に注意
 冬は1年を通して空気がもっとも乾燥する季節。暖房であたためられた室内では、湿度30%以下ということも少なくない。
 とくに、夏から秋に肌のダメージを抱え、皮膚のバリア機能が低下したまま冬を迎えた人は、気温が下がるにつれていっそう肌のカサつきを自覚することになる。
 肌やのどの健康を考えると、湿度は60%をキープすることが理想的だ。

・ 洗顔では界面活性剤のないものを使用
 角質層をおおって肌の水分を封じ込める働きをしている皮脂膜を、界面活性剤の入った洗顔料で洗い流して落とさないように注意することが必要だ。
 界面活性剤には皮脂や角質細胞間脂質を流してしまう働きがあり、乾燥肌がどんどん進んでしまう。洗顔料を使うなら1日1回程度、朝の洗顔は素洗いでも十分。

・ 保湿剤の入った乳液やクリームを使用
 バリア機能が弱った角質層を保護することが大切。皮膚の水分を保つことが乾燥肌の治療となる。乾燥肌がひどい場合には、保湿剤の入った乳液やクリームを使用し、皮膚の水分を保持する。
 化粧水でかぶれを起こしたときは、しみる部分にはワセリンを塗って肌を保護する。

・ 体の保湿対策も忘れずに
 冬は、顔に限らず体も乾燥もしていて、足のすねや腕などが白い粉をふいたようになることがある。白い粉の正体は、乾燥により皮膚からはがれ落ちた角質だ。冬は体の保湿ケアをよりいっそう心がけよう。

・ 熱いお湯の長時間入浴は避ける
 乾燥を防ぐには入浴の仕方も大きなポイントになる。お湯は皮脂膜や角質の脂質を流してしまうので、熱いお湯に長くつかっていると皮膚の乾燥が進む。
 お風呂は体をあたためたり、リラックスしたいなどさまざまな目的があるが、お肌のうるおいを守ることを考えるなら、ぬるめのお風呂に入り長湯しないことがお勧めだ。
 乾燥肌が気になるという人は、石けんで体を洗わずに、お風呂につかるだけにすると良い。入浴後は、体に湿り気があるうちに、全身にボディクリームやローションを塗って十分に保湿をする。

・ 体の内側からも水分補給
 冬は、肌の乾燥にともなって、顔のたるみも目立つようになる。外側からの保湿ケアも大事だが、体内にきちんと水分を取りこんで、細胞内の水分を保つことも必要だ。そのためには水分補給が大事となる。
 細胞組織にすばやく水分を補給するなら、糖分の少ない飲料をカロリーをチェックしながら飲むと良い。

・ 皮膚科を受診する
 市販のクリームなどを使用しても乾燥肌が改善されない場合は、自身によるケアをいったん中止して、皮膚の専門である皮膚科で診察を受ける。

Prevent Winter from Weathering Your Skin(ニューヨーク プレスビテリアン病院 2013年10月1日)

[Terahata]

「地域保健」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶