ニュース

「いま、改めて考える女性の健康管理」 へるすあっぷ21 6月号


「へるすあっぷ21」6月号

月刊、年12冊 定価(1冊):720円+税
年間購読料:9,600円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」6月号をご紹介致します。

 今号の特集は「いま、改めて考える女性の健康管理」。

 「出生前診断」や「卵子凍結保存」など、妊娠・出産にかかわる医療技術が進歩し、それらの情報を見聞きすることが多くなりました。

 しかし、正しく理解していない女性は少なくありません。妊娠・出産にかかわる新しい医療の情報や現代の女性の健康課題をお伝えします。

 きちんと知っておきたい高齢出産のリスク
  卵子の老化を正しく知る/出生前診断とは?

 データの分析・活用で留意すべきこと

 妊娠・出産を見据えたメンテナンスも重要!

 現場の医師に聞く 働く女性の健康課題

「へるすあっぷ21」6月号
株式会社法研  

 

【目次】

■THE ROAD TO 健康長寿社会
 地域の健康づくり拠点へ!薬局に高まる期待

■最新医療情報
 最適なタイミングで投薬する「時間治療」

■それぞれの終末期 INTERVIEW
 川崎幸クリニック院長 杉山孝博さん

■疑問に答える!データヘルス
 改正された保健事業指針の内容は?

■HEALTH TOPIC
 「ヘルスケア産業の最前線2014」を開催

■霞ヶ関発・健康づくり大キャンペーン推進中!!
 愛知県大府市で「女性の健康週間イベント」を開催しました。

■読者アンケート報告
 <テーマ:熱中症対策>

■今日から実践!健康支援・魅力アップのヒント 加倉井さおり
 Vol.3勇気づけの個別支援 ~承認~
 人がやる気になるには、何が必要でしょうか?

■ケース別 ストレスマネジメント 佐藤恵美
 マイナス思考から抜け出したい!!

■けんぽREPORT
 パナソニック健康保険組合
 データとICTの活用で個人の健康管理支援を強化

■SELFCARE TREND
 腸力をアップしよう

■みんなの食育 小島美和子
 主食別 おかずの組み合わせ方

【連載】

■いきいき脳力UP! 篠原菊紀
 じゃんけんウソつき

■essay地球といのちのジオバイオロジー 長沼毅
 海底火山の生きものたち

■職場のメンタルヘルスQ&A 吉野公浩・田中朋斉
 精神疾患で通院治療中の社員に休職を命令できるか?

■へるすあっぷクリニック
 【頭痛外来】清水俊彦「日常の片頭痛対策」
 【歯科】松下健二「歯の喪失とがん・認知症の関係」

■元気倍増エクササイズ 竹井仁
 肩こり解消法(2) ~いかり肩・なで肩編~

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶