ニュース

ウォーキングに住環境も影響 住む場所を選べば糖尿病リスクは低下

 長時間のデスクワークが毎日続き、週末はどこに移動するのもマイカー、体を動かさない習慣が定着している――こんな人はいないだろうか? 運動不足が毎日続くと、2型糖尿病や肥満のリスクが高まるが、ウォーキングを続けていればリスクを下げられる。そのためには、「環境を整備してウォーキングに取り組みやすくすることも必要」という研究が発表された。
糖尿病を改善するためには車より徒歩
 運動不足と住環境、糖尿病発症の関連性をデータで示した研究が発表された。カナダのトロント大学医学部准教授で内分泌専門医のギリアン ブース氏らによるもので、科学誌「プロス ワン」に掲載された。

 研究チームは、トロント市在住の市民に協力してもらい、日常生活での移動の手段(徒歩、自転車、車など)と、それぞれの健康状態を10年にわたって調査した。予想通り、ふだんからよく歩いている人は健康を維持しており、肥満や糖尿病を発症する割合が低いことが判明した。

 気になるのは、住環境と糖尿病は関連があることが明らかになったことだ。ウォーキングに適した公園や街路の多い地域の住民は、2型糖尿病の発症率が低く、そうでない住民に比べ、10年間の糖尿病発症率が13%低下することが判明した。

 ウォーキングに適した地域の住民は、歩くか自転車に乗る頻度が3倍高く、乗用車を使わず公共交通を利用する頻度が2倍高かったという。65歳未満でこの傾向は強かった。

 「ウォーキングに適した生活環境が身近にあると、自分の足で歩く頻度が増えます。反対に、移動手段として車に頼っている人ほど、糖尿病や肥満になる確率が高くなります。歩いて10分くらいの距離であれば、車を使わず意識して歩くべきです」と、ブース氏は言う。

 ブース氏は2012年に、「それまでよく歩いていた人が車に依存する生活に切り換え、運動不足になると、糖尿病を発症する割合が50%上昇する」という調査結果も発表している。

 「健康長寿社会を築くためにも、子供から大人までもっと歩くことを奨励する計画を都市開発に盛り込む必要がある」とまとめている。

ウォーキングに適した地域に住むことが糖尿病対策に
 運動不足は、血糖を下げるインスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性をまねき、筋肉量の減少や、骨粗鬆症の原因になる。運動には心肺機能も高める効果がある。

 日本でも「駅の近くに住む暮らし」が人気を集め、「移動はもっぱら車で」という人も少なくない。食料品や日用品の買い物も駅前スーパーで済ませ、オフィスも駅から徒歩数分以内で1日の大半がデスクワーク、おまけに週末はマイカーでショッピングやドライブという生活は、運動不足をまねきやすい。

 移動を鉄道などの公共機関を使い、「毎日ひとつ手前の駅で電車を降り」、「努めて歩くようにする」といった生活が、肥満や糖尿病のリスクを低下させる。研究者が勧める住環境の選び方は次の通り――

ウォーキングに適した街の選び方:
・ 近所に歩くのに適した大通りや、運動ができるスポーツセンターがある。
・ 商業地に隣接しており、公共の交通機関が発達している。
・ 多くの人が集まれる公園など公共施設が充実している。
・ 住宅と商業施設の線引きがはっきりしており、ウォーキングや自転車用に歩道が整備されている。
・ 職場や学校が歩いていける場所にある。

Studies show more sprawl associated with higher incidence of poor health outcomes(米国糖尿病学会 2014年6月17日)

[Terahata]

「地域保健」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶