ニュース

妊娠初期の過度な運動は腰痛を悪化させることが判明

 妊娠初期の急激な運動量の増加は腰痛の悪化を引き起こすことが、医療法人葵鐘会と京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻(青山朋樹准教授)が共同で行った研究で明らかになった。
妊娠初期に急激に運動量を増やすと腰痛に悪影響
 腰痛は出産前後における妊婦の心身を疲弊させる大きな要因で、妊娠中のみならず産後も継続しやすいことが知られているが、胎児への影響を考慮した十分な処置がなされていない現状がある。

 一方で、妊娠中の運動は、妊娠性糖尿病などの病気の予防につながるのに加え、マタニティーブルーズ(妊娠性うつ)の改善や、腰痛改善にも効果的であることから注目されている。

 そこで、研究グループは妊婦における腰痛と運動量に焦点をあてた調査を行った。調査では、妊婦の日常の歩行量と腰痛の関連性を検討するために、腰痛持ちの妊婦35名に歩数計を配布し、妊娠期間を通して日常の歩行量および腰痛症状について記録紙を用いて調査した。

 調査終了時、腰痛が生じた妊婦は、妊娠初期に歩行量が平均3,600歩から4,800歩へと大きく増えたが、妊娠後期に近づくと平均3,300歩まで減っていたことがわかった。一方、腰痛が生じなかった妊婦は、安定期に入った妊娠期中頃に歩行量が平均3,400歩から3,700歩へと徐々に増え、その後も4,800歩を経て4,400歩を維持しながら活動していた。
腰痛のない妊婦と腰痛のある妊婦の妊娠期間における1日の歩行量の推移
 この結果を受け、「妊娠初期に急激に活動量を増加させることは腰痛に悪影響であることが明らかとなった。身体への負担が大きくなり始める妊娠初期には、負担の少ない動作を推奨する必要がある」と研究チームは述べている。

 具体的には、1,000歩は約10分間のウォーキングに相当するので、妊娠初期には妊娠前の生活習慣も考慮しながら、約30分のウォーキングを目安に運動指導を実施することが効果的だという。

 研究チームは、今後は妊娠中の腰痛の原因となる骨盤のゆがみや姿勢の変化なども含めて、より包括的かつ詳細な調査を行う予定だ。

医療法人葵鐘会
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶