ニュース

「高年齢労働者を活かす健康支援」 へるすあっぷ21 3月号


「へるすあっぷ21」3月号

月刊、年12冊 定価(1冊):720円+税
年間購読料:9,600円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」3月号をご紹介致します。

 今月は高年齢労働社会における産業保健がテーマです。

 改正高齢者雇用安定法の施行により、希望者には65歳まで雇用することが企業に義務づけられました。

 高年齢になると疾病リスクが高まります。高年齢労働者の増加に伴う産業保健的課題を整理し、今後の企業に求められる対策、企業の取り組み事例を紹介します。

 高年齢労働社会における産業保健の課題と対策

 健康"労働"寿命延伸に向けた生活習慣病対策

 事例:YKK(株)
「段階的な定年延長に向けた新たな産業保健活動」

「へるすあっぷ21」3月号
株式会社法研




【目次】

■THE ROAD TO健康長寿社会
 めざせ健康寿命日本一!
 工夫を凝らした健康づくりを展開<神奈川県>

■最新医療情報
 アナフィラキシーをみんなで防ぐ社会をめざしガイドライン発刊

■それぞれの終末期
 東邦大学医療センター大森病院緩和ケアセンター長
 大津秀一さん

■疑問に答える!データヘルス
 第1期は試行錯誤しながらステップアップを!

■HEALTH TOPIC/霞ヶ関発!健康づくり大キャンペーン推進中
 「スマート・ライフ・プロジェクト」への参画をお願いします!

■読者アンケート報告
 <テーマ:疲れ目対策>

■今日から実践!健康支援・魅力アップのヒント 加倉井さおり
 Vol.12特別対談(2) 加倉井さおりさん×大木麻里子さん
 現場の保健師が聞く!キャリアを築くうえで大切なこと

■ケース別 ストレスマネジメント 佐藤恵美
 周囲からの評価が極端に気になる

■けんぽREPORT
 足利銀行健康保険組合
 たゆまぬ働き掛けと工夫で健康管理の風土づくり

■SELFCARE TREND
 老眼年齢は目の病気に注意

■みんなの食育 小島美和子
 いつもの食事に海藻をプラスしよう!

【連載】

■いきいき脳力UP! 篠原菊紀
 図形&ひらがなずらし

■essay地球といのちのジオバイオロジー 長沼毅
 地球を救う石灰岩

■職場のメンタルヘルスQ&A 吉野公浩・田中朋斉
 うつ病の社員が退職後自殺した場合、会社は責任を問われますか?

■へるすあっぷクリニック
 【皮膚科】藤本智子「睫毛貧毛症の話」
 【女性外来】片井みゆき「『女性の健康週間』に寄せて」

■元気倍増エクササイズ 竹井仁
 正しい姿勢で颯爽と歩こう!

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶