ニュース

「労働安全衛生法改正!企業におけるたばこ対策」へるすあっぷ21 5月号


「へるすあっぷ21」5月号

月刊、年12冊 定価(1冊):720円+税
年間購読料:9,600円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」5月号をご紹介致します。

 今月の特集はたばこ対策がテーマです。

 改正労働安全衛生法により、今年6月から職場の受動喫煙防止対策が企業の努力義務となります。

 職場における受動喫煙防止対策のポイント、企業や健康保険組合におけるたばこ対策の取り組みを紹介します。

 正しく知ろう!受動喫煙防止対策

 事例
 リコー
「社内・就業時間内の全面禁煙化を実現」
 新日鐵住金(株)
「事業所の実情に応じた受動喫煙防止対策を推進」
 デパート健康保険組合
「健保組合と事業所との連携で喫煙率低下を実現」

「へるすあっぷ21」5月号
株式会社法研




【目次】

■実践!食コンディショニングR 小島美和子
 食事で心も元気に!ストレスに強い体をつくろう!

■MONO/TECHNOLOGY
 "噛む"を楽しむ、健康になる RHYTHMI-KAMU

■最新医療情報
 手術法が増えても緑内障は早期発見・早期治療が重要

■こんなときどうする?職場の不適応 見波利幸
 発達障害が疑われる社員への対応

■HEALTH TOPIC
 内臓脂肪をためやすい個人と職場の生活習慣を改善へと導く
 新しい仕掛け「生活習慣測定会」<花王(株)>

■つながりのチカラ~ソーシャル・キャピタルと健康~
 復興にエビデンスを活かす~JAGESシンポジウムから~

■リレーインタビュー
 海辺の杜ホスピタル・健康推進室室長 槇本宏子さん

■けんぽREPORT
 エプソン健康保険組合
 コラボヘルスで健康施策を効果的に展開

■データヘルス推進へのメッセージ
 実行性をもたせるには、健康保険組合と事業主との連携が不可欠
 東京大学政策ビジョン研究センター特任助教 古井祐司

■SELFCARE TREND
 紫外線ケアのススメ

【連載】

■いきいき脳力UP! 篠原菊紀
 県名クイズ

■知っておきたいファーストエイド 慶應義塾大学医学部救急医学
 職場で人が倒れた!救急車が到着するまでにできること(2)
 AEDを用いた一次救命処置(BLS)

■職場の健康管理Q&A 吉野公浩・田中朋斉
 健診後の再検査等の受診勧奨は義務?

■へるすあっぷクリニック
 【睡眠外来】三島和夫「適正な睡眠時間とは?」
 【皮膚科】藤本智子「自宅でできるフットケアの話」
 【禁煙外来】中村正和「禁煙治療の現状と課題は?」
 【女性のための診療科】清水幸子「骨盤臓器脱(性器脱)」

■元気倍増!エクササイズ 中村格子
 柔軟性と筋力アップで腰痛予防!

■南の島から 佐藤恵美
 しぐとー、しぐとぬどぅ、ならーする

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[保健指導リソースガイド編集部]

「禁煙」に関するニュース

2022年10月20日
改善が見られたものは約5割に 課題は次期プランへー健康日本21(第二次)最終評価報告書
2022年10月17日
【新型コロナ】重症化リスクを高める要因は高齢・タバコ・糖尿病・肥満 危険因子を減らす対策が必要
2022年09月02日
「効果を上げる保健指導のヒント」へるすあっぷ21 9月号
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月以内に糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要
2022年07月19日
認知症予防のための生活スタイル改善に年齢は関係ない 18歳の若者も80歳の老人も同じく必要
2022年07月11日
心筋梗塞や脳卒中を予防するための「生活エッセンシャル8」 新たに睡眠を追加 良い睡眠は心臓を守る
2022年06月13日
日本の職場での「いじめ」の実態を調査 8%がネットいじめを、11%が従来型いじめを週に1回以上受けている
2022年05月30日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年05月30日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶