ニュース

「働き方・休み方改革」へるすあっぷ21 1月号


「へるすあっぷ21」1月号

月刊、年12冊 定価(1冊):720円+税
年間購読料:9,600円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」1月号をご紹介致します。

 今月の特集は「働き方・休み方改革」がテーマ。

 働く人の健康や生活に影響を及ぼす長時間労働を減らし、出産・育児や介護と仕事との両立など、働く人のニーズに合った働き方や休暇の取り方が求められています。

 企業等の先進的な取り組み事例等を紹介します。

なぜ、働き方・休み方改革は必要なのか?

働き方・休み方改革シンポジウムより

事例:
 (株)ジェイティービー
 リクルートホールディングス
 静岡労働局・島田市・川根本町・静岡市

「へるすあっぷ21」1月号
株式会社法研


【目次】

■実践!食コンディショニングR 小島美和子
 食べすぎ・飲みすぎは早めに調整!
 むくみのないスッキリボディになろう!

■MONO/TECHNOLOGY
 ナステントTMクラシック

■最新医療情報
 「機能性消化管障害」ガイドラインで診療環境の整備に期待

■こんなときどうする?職場の不適応 見波利幸
 異動で孤立したケースへの対応

■HEALTH TOPIC
 宿泊型新保健指導試行事業中間報告会を開催<厚生労働省>

■つながりのチカラ~ソーシャル・キャピタルと健康~
 東京都におけるソーシャル・キャピタル

■リレーインタビュー
 三菱レイヨン(株)統括産業医・大竹事業所診療所長 真鍋憲幸さん

■けんぽREPORT
 東京都家具健康保険組合
 事業効果を検証し、既存事業の質の向上につなげる

■データヘルス推進へのメッセージ
 データヘルス計画に活かしたい大規模調査からのエビデンス
 慶應義塾大学医学部衛生学公衆衛生学教室 教授 岡村智教

■SELFCARE TREND
 超高齢社会の重要キーワード
 「フレイル」「ロコモ」「サルコペニア」を知る!

【連載】

■いきいき脳力UP! 篠原菊紀
 混ぜこぜ計算

■知っておきたいファーストエイド 慶應義塾大学医学部救急医学
 食べ物を喉につまらせたり、洗剤等を誤飲したとき

■職場の健康管理Q&A 吉野公浩・田中朋斉
 私生活上の理由によるメンタル不調

■へるすあっぷクリニック
 【睡眠外来】三島和夫「さまざまな睡眠障害」
 【皮膚科】藤本智子「円形脱毛症」
 【禁煙外来】中村正和「東京オリンピックと受動喫煙防止対策」
 【女性のための診療科】清水幸子「更年期をいきいきと過ごす」

■元気倍増!エクササイズ 中村格子
 筋肉のバランスを整えて首の負担を解消しよう

■南の島から 佐藤恵美

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,795 人(2021年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶