ニュース

ネット販売の「健康食品」に医薬品成分 健康被害のおそれ 厚労省調査

 「強壮効果」や「痩身効果」をうたい、インターネットで売られているサプリメントや健康食品など49製品から医薬品成分が検出されたという調査結果を、厚生労働省が発表した。健康被害が出る可能性があるとして、同省は購入しないよう呼びかけている。既に購入した人は使用を中止して、健康被害が疑われる場合には医療機関を受診するよう注意を促している。
「個人輸入代行」の販売サイトは危険
 調査は2014年1~3月に、「個人輸入代行」などと日本語表記がある海外業者のサイトから計81製品を購入し、国立医薬品食品衛生研究所が分析したもの。

 「精力増強」などとうたう50製品のうち33製品から、勃起不全(ED)治療薬の成分である「シルデナフィル」「タダラフィル」などが検出された。頭痛やほてり、心悸亢進などの副作用が起きる可能性があるという。

 また「痩身効果」をうたう31製品のうち16製品から、便秘症治療薬である「ビサコジル」や気管支炎治療薬である「ジプロフィリン」などがみつかった。いずれも過敏症状や意識障害、心悸亢進、悪心・嘔吐などが起きる可能性がある。

 さらに「強壮効果」をうたう9製品には「フェノールフタレイン」も含まれていた。この成分は医薬品(下剤)として使用されたこともあるが、発がん性があるため現在は医薬品として使用されていない。
違法性が疑われるサイトを見つけたときは通報を
 本来は医師の処方が必要な成分だが、いずれも医薬品の表記はなく、国内業者であれば医薬品医療機器法(旧薬事法)違反にあたる。販売サイトの多くは所在地を明らかにしていないため、警告メールの送信や、対応するレジストラへの削除要請などを行い、指導・取締りを行っているという。

 こうした「健康食品」は、それらは国内で承認された医薬品と異なり、品質、有効性、安全性が確認されているものではなく、表示された成分が入っていないものがあったり、表示のない医薬品成分が入っているなどして健康被害を起こすおそれがある。

 違法性が疑われるサイトを見つけた場合には、同省が委託した一般社団法人・偽造医薬品等情報センターが運営する「あやしいヤクブツ連絡ネット」への通報を呼びかけている。 あやしいヤクブツ連絡ネット
平成25年度「インターネット販売製品の買上調査」の結果を公表します(2015年12月28日)
[Terahata]

「学校保健」に関するニュース

2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月18日
【健やか21】「12 歳以上の小児への新型コロナウイルスワクチン接種についての提言」の発表について(日本小児科医会)
2021年06月16日
全粒穀物が肥満やメタボのリスクを低下 低炭水化物やプラントベースのダイエットにも質の良い炭水化物が必要
2021年06月14日
ダンスを通じてバランス・認知能力・運動能力を改善 パーキンソン病患者さんのためのダンス教室を開催
2021年06月11日
12歳までの児童期に運動をすると中高齢期の認知機能の維持・増進につながる 脳内ネットワークの最適化が促される
2021年06月07日
【新型コロナ】見えないウイルスを仮想空間で視覚化 VR教育コンテンツを開発 医療・介護施設での感染防止に
2021年06月04日
【健やか21】「学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き」の作成について(文部科学省)
2021年06月01日
熱中症を予防するための8ヵ条 マスク着用で熱中症リスクが上昇 マスクをはずして休憩も
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,995 人(2021年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶