ニュース

全国の母子保健事業を集約 ~健やか親子21(第2次)取り組みのDB

 平成27年4月から母子保健の国民運動「健やか親子21(第2次)」が開始されたことに伴い、第1次で運用されていた「取り組みのデータベース」も新設され、すでに多くの自治体から1,000件以上の登録が行われている。データベースでは全国の自治体などによる母子保健に関する事業の実施情報が検索・閲覧できるので、新規事業の企画や既存事業の見直しを行う際の手助けになるだろう。

 「取り組みのデータベース」は「健やか親子21(第2次)」の課題に関する各種事業などの情報を検索できるシステムで、第1次から山梨大学大学院総合研究部医学域社会医学講座が運用している。

 自治体や団体の担当者が自ら事業を登録・修正できるのが特徴で、検索者はキーワードや詳細な項目別に探したい事業内容を閲覧できる。

 登録は市町村(保健センター等)、 都道府県本庁、都道府県保健所、政令市・特別区(本庁・保健所等) のほか、「その他」として各種団体も可能。初回に団体の情報を登録すると専用のパスワードが配布され、次回登録時からは団体情報の入力が不要になる。登録した情報は山梨大学大学院総合研究部医学域社会医学講座で内容確認、承認を行ったあと公開されている。

 登録件数は2016年1月17日現在で1,046件。詳細検索では「事業課題」や「提案者」、「事業のねらい・目標区分」、「協力機関」など細かな設定で情報を探せるほか、フリーワードで検索することもできる。そのため、たとえば「1歳」や「虐待防止」、「フッ素」など具体的な言葉で検索し、全国で行われている事例を参考にすることも可能。

 都道府県別の登録数で見ると、最も多いのが千葉県で165件、次いで北海道の135件、茨城県の86件(2016年1月17日現在)。第1次では5,000件以上の登録があったことから、今後さらなる情報の登録が期待されている。なお健やか親子21(第1次)の期間中に登録された情報も別ページにて引き続き閲覧できる。

健やか親子21(第2次)公式ホームページ
健やか親子21(第2次)取り組みのデータベース(検索ページ)
健やか親子21(第2次)取り組みのデータベース(登録ページ)
健やか親子21(第1次)取り組みのデータベース
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶