ニュース

全国の母子保健事業を集約 ~健やか親子21(第2次)取り組みのDB

 平成27年4月から母子保健の国民運動「健やか親子21(第2次)」が開始されたことに伴い、第1次で運用されていた「取り組みのデータベース」も新設され、すでに多くの自治体から1,000件以上の登録が行われている。データベースでは全国の自治体などによる母子保健に関する事業の実施情報が検索・閲覧できるので、新規事業の企画や既存事業の見直しを行う際の手助けになるだろう。

 「取り組みのデータベース」は「健やか親子21(第2次)」の課題に関する各種事業などの情報を検索できるシステムで、第1次から山梨大学大学院総合研究部医学域社会医学講座が運用している。

 自治体や団体の担当者が自ら事業を登録・修正できるのが特徴で、検索者はキーワードや詳細な項目別に探したい事業内容を閲覧できる。

 登録は市町村(保健センター等)、 都道府県本庁、都道府県保健所、政令市・特別区(本庁・保健所等) のほか、「その他」として各種団体も可能。初回に団体の情報を登録すると専用のパスワードが配布され、次回登録時からは団体情報の入力が不要になる。登録した情報は山梨大学大学院総合研究部医学域社会医学講座で内容確認、承認を行ったあと公開されている。

 登録件数は2016年1月17日現在で1,046件。詳細検索では「事業課題」や「提案者」、「事業のねらい・目標区分」、「協力機関」など細かな設定で情報を探せるほか、フリーワードで検索することもできる。そのため、たとえば「1歳」や「虐待防止」、「フッ素」など具体的な言葉で検索し、全国で行われている事例を参考にすることも可能。

 都道府県別の登録数で見ると、最も多いのが千葉県で165件、次いで北海道の135件、茨城県の86件(2016年1月17日現在)。第1次では5,000件以上の登録があったことから、今後さらなる情報の登録が期待されている。なお健やか親子21(第1次)の期間中に登録された情報も別ページにて引き続き閲覧できる。

健やか親子21(第2次)公式ホームページ
健やか親子21(第2次)取り組みのデータベース(検索ページ)
健やか親子21(第2次)取り組みのデータベース(登録ページ)
健やか親子21(第1次)取り組みのデータベース
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2022年11月01日
【新型コロナ】高齢化が世界一の日本でなぜ死亡率が低いのか? 日頃の医療や保健活動の積み重ねが成果
2022年10月31日
【新型コロナ】運動がワクチン効果を高める ウォーキングなどの適度な運動によりワクチン効果は3倍に
2022年10月31日
【新型コロナ】ネットやSNSの医療・健康情報は信用できる? ヘルスリテラシーを高める4つのポイント
2022年10月31日
高齢者の「オーラルフレイル」に対策 口の機能を維持してフレイルを予防 「カムカム健康プログラム」を開始
2022年10月31日
更年期の女性が体重を増やすのは宿命? 「対処方法はあります、あきらめないで」と更年期障害学会
2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月24日
「超加工食品」の食べ過ぎで大腸がんリスクが上昇 不健康な食事は肥満・メタボの原因にも
2022年10月24日
【子宮頸がん】HPVワクチンのキャッチアップ接種は必要としている女性に届く? 9年近くにわたった積極的勧奨の差し控え
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶