ニュース

喫煙の害をわかりやすく伝え、意識改革を促す「タバコ」関連教材125点

 喫煙は日本人の4大死因(がん、心疾患、肺炎、脳血管疾患)を増やす要因で、関係の深い病気としては肺がんがよく知られています。

 肺がんのほかには、喫煙により発病確率が高くなったり発病後に重症化しやすくなる病気として、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、咽頭がん、口腔がん、膀胱がん、食道がん、胃がん、膵臓がん、歯周病などがあります。また、他にも関連性が示されている病気はいくつもあるほどです。





 喫煙者本人だけでなく周りの人にも健康影響を及ぼす副流煙、受動喫煙も問題になっています。副流煙には主流煙の100倍以上も多く含まれる発がん物質まで存在するとされ、喫煙はタバコを吸わない人たちの発がんリスクまで上昇させてしまいます。

 健診・保健指導に役立つ教材・備品オンラインストア「保健指導マーケット」では、「タバコ」「COPD」の指導・教育・啓発に役立つ教材・ツールを125点揃えています。そこで今回はこの中から代表的なものをご紹介します。

「知っていますか?COPD(慢性閉塞性肺疾患)」(指導箋)
「こうしてやめるタバコ」(指導箋)
「喫煙による健康への影響を知ろう」(指導箋)
「こんなに怖い女性の喫煙」(指導箋)
「やめたいけど、やめられないタバコ」(指導箋)
「成功させる!禁煙ノウハウ」(指導箋)
「ママと赤ちゃんに危険がいっぱいのタバコ」(指導箋)
「COPD(慢性閉塞性肺疾患)の最大要因は喫煙です」
 (ポスター)

「なぜ、たばこをやめられないの?」(ポスター)
「周囲の人にも危険なたばこのけむり」(ポスター)
「喫煙と腹部大動脈瘤」(ポスター)
「喫煙と肺がん」(ポスター)
「いろいろなたばこの害 ~たばこは毒のカンヅメ~」
 (ポスター)

「タバコによる健康被害と禁煙成功のコツ」
 (パワーポイントスライド教材)

  ほか

「タバコ」<の関連教材一覧へ/a>

 「保健指導マーケット」は、一般社団法人日本家族計画協会(JFPA)が、制作・販売する保健指導用・健康事業用の教材を2,800点以上を収載しています。糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、メンタルヘルス、食事・運動指導などのキーワード検索、配布・掲示など使用したい用途に合わせたカテゴリー検索などで、目的にあった教材を探すことができます。
保健指導マーケット

[soshinsha]

「禁煙」に関するニュース

2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年01月04日
保健指導リソースガイド【1年間でもっとも読まれたニュース ベスト15】1位はあの記事
2020年12月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2020年12月09日
約8割が自分の健康状態を「よい」と認識 『都民の健康と医療に関する実態と意識』の結果(東京都)
2020年12月02日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2020年11月11日
「禁煙サポート新時代」へるすあっぷ21 11月号
2020年11月10日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月09日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶