ニュース

【健やか親子21】保健指導に活用 ~e-ラーニング「子どもの事故予防」

 母子保健の健康水準向上のための国民運動計画「健やか親子21(第2次)」の公式ホームページでは、「e-ラーニング~子育て おうえんだん~」として「子どもの事故予防-特に誤飲について-(監修 山中龍宏)」というコンテンツを公開している。幼い子どもを持つ保護者が気を付けなければいけない身のまわりの危険について分かりやすくまとめられており、地域における保健指導などでも活用できる。

 e-ラーニング「子どもの事故予防-特に誤飲について-」は健やか親子21(第1次)のホームページで長年、掲載されてきたが、有意義な内容であることから2015年から始まった第2次でも引き続き公開されている。

 小児科医で、子供の事故に詳しい「緑園こどもクリニック」の山中龍宏院長が内容を監修。保護者が目を離した一瞬に多くの事故が起こっていることから、普段から対策をしている人でも再度、家庭の安全度をチェックしてほしい、との願いが込められている。

 たとえば「不慮の事故のために病院にかかる(外来を受診する)子どもたちは、一年間でどれぐらい、いると思いますか?」や、「誤飲事故(異物を誤って飲み込むこと)はどれぐらいの赤ちゃんが経験していると思いますか?」といった問いかけを通じ、幼い子どもであればだれでも高い確率で事故に至る可能性があることを示唆。そのうえで、特に起こりやすい誤飲の危険性について詳しく解説している。

 たとえば具体的に部屋の間取りを示し、誤飲の可能性があるものをイラストで表現。「子どもの口に入るものはどのようなものでも1m以上の高さに移動するよう習慣づける」、「たばこは灰皿にした缶ジュースに入った状態のものが一番危険である」ことなどを分かりやすく教えている。

 忙しい保護者でも無理なく閲覧できるよう5分程度で見られる内容となっていて、Power PointやPDFファイルでダウンロードすることも可能。母親学級の事故予防指導など地域における保健指導で活用することも推奨されており、地域の実情に合わせて内容を修正しても良いとされている。

健やか親子21(第2次)
e-ラーニング「子どもの事故予防-特に誤飲について-」
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶