ニュース

東京都が妊婦健診の普及と相談窓口周知をはかる「にんけん.jp」を開設

 東京都は妊婦健診の普及啓発と、妊娠や出産に対する相談窓口周知をはかるためのwebサイト「妊娠?ひとりで悩まず、まず相談"にんけん.jp"」を開設。FacebookやTwitterなどにも広告を表示し、健診の未受診率が高い若い世代にも広報を強化している。

 東京都が2011年に周産期搬送コーディネーターによる搬送調整事例(119番通報)を調べた結果では、妊婦健康診査が未受診の妊婦が約4割を占めていた。未受診の場合、妊娠経過に関する情報に乏しく、出産時の母体・新生児の安全確保が難しいだけでなく、妊娠や出産に対する意識が低いために産後の育児に影響が出るおそれもある。また調査では未受診妊婦には未成年や25歳未満の若年層が多く、婚姻していない母の割合も高いことも分かっている。

 そのような母子保健を取り巻く背景もあり、東京都はこのほど望まない妊娠で悩んでいたり、妊娠したかもしれないと不安になったりしている女性にまずは相談、受診するよう促すwebサイト「にんけん.jp」を開設。分かりやすく、印象に残るイラストや動画を配置し、若い世代にも気軽に見てもらえるよう工夫している。

 サイトでは「親にも相談できず、中絶も怖い」や「夫の家庭内暴力、借金で生活が苦しい」、「会社で休みが取れなくて健診に行けない」、「学生で誰にも相談できない」といった具体的な悩みを例としてあげ、どのような場合でも一人で悩まず、妊娠相談ほっとライン(03-5339-1133)へ電話したり、メールで相談したりすることを提案。

 妊娠したらどのような症状に気を付けなければいけないか、といった体調の変化に関する情報や、妊娠届や母子健康手帳の手続き、妊婦健診の費用補助についてなど制度に関する情報もまとめ、さまざまな角度から妊婦健診に対する知識や理解を深めてもらう内容になっている。

にんけん.jp(東京都)
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶