ニュース

「骨粗鬆症 予防と治療の今」へるすあっぷ21 3月号


「へるすあっぷ21」3月号

月刊、年12冊 定価(1冊):720円+税
年間購読料:9,600円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」3月号をご紹介致します。

 今月の特集は、「骨の健康」がテーマです。

 骨粗鬆症は骨折を招きやすく、要介護の大きな要因となっています。今後さらに高齢化が進展するなかでは、その対策がより重要となります。

 2015年に改定された「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」を踏まえて、骨粗鬆症の予防と治療の最新情報をお届けします。

日本における骨粗鬆症の現状

2015年版ガイドラインに見る
 骨粗鬆症の予防と治療

福島県立医科大学会津医療センターの
 「ほね元気外来」

「へるすあっぷ21」3月号
株式会社法研




【目次】

■実践!食コンディショニング® 小島美和子
 1日を元気に過ごす食コンディショニング

■MONO/TECHNOLOGY
 エアコン+非接触型センサーで高齢者の見守りサービス

■最新医療情報
 高齢者の安全な薬物療法のためのガイドライン

■こんなときどうする?職場の不適応 見波利幸
 効果的なメンタル研修を実施するには?

■HEALTH TOPIC
 第4回健康寿命をのばそう!アワード表彰式開催

■つながりのチカラ~ソーシャル・キャピタルと健康~
 地域防災力とソーシャル・キャピタル

■リレーインタビュー
 三菱化学(株)産業医 川瀬洋平さん

■けんぽREPORT
 トッパングループ健康保険組合
 健康経営宣言を追い風に健康の自己管理を根づかせる

■データヘルス推進へのメッセージ
 データヘルス・予防サービス見本市2015開催!

■特別企画
 人間ドックでのNT-proBNP測定の意義
 心血管疾患の予防や早期発見に有用

【連載】

■いきいき脳力UP! 篠原菊紀
 IQ問題

■知っておきたいファーストエイド 慶應義塾大学医学部救急医学
 やけどをしたときの対処

■職場の健康管理Q&A 吉野公浩・田中朋斉
 職場での受動喫煙対策

■へるすあっぷクリニック
 【女性のための診療科】清水幸子「婦人科検診のすすめ」
 【睡眠外来】三島和夫「睡眠薬との付き合い方」
 【皮膚科】藤本智子「男性型脱毛症」
 【禁煙外来】中村正和「健康日本21(第二次)とたばこ対策」

■元気倍増!エクササイズ 中村格子
 筋肉のバランスを整え姿勢を改善しよう!

■南の島から 佐藤恵美

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2021年01月28日
【オピニオン新連載】行動科学に基づいた保健指導スキルアップ~対象者の行動変容を促すには?~
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶