ニュース

問題解決に積極的な人はがん死亡リスクが低い 脳卒中リスクも低下

 日常経験する問題や出来事に対する対処の仕方によって、がんの発症リスクは変わってくる。問題解決に向けて積極的、計画的な行動をとる人は、消極的な人に比べ、がんや脳卒中、心臓病で死亡するリスクが低くなるとの調査結果が発表された。「日常生活で積極的な行動を培うことが重要」と研究者は述べている。
積極的な行動(対処型行動)が、
がんや脳卒中の死亡リスクを下げる
 「JPHC研究」は日本人を対象に、さまざまな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などとの関係を明らかにする目的で実施されている多目的コホート研究。今回の調査はJPHC研究の一環として行われた。

 日常で経験する問題に対する対処は、心理的ストレスに大きく影響し、がんの診断・進展や生存率と関連があることが過去の研究で報告されているが、日本人を対象とした調査は少ない。そこで、研究チームは2000年と2003~2004年に、岩手、秋田、長野、沖縄、東京、茨城、新潟、高知、長崎、大阪の11保健所管内に在住していた50~79歳の男女約11万人を対象に、2011年まで追跡して調査した。

 日常生活での問題への対処法についてのアンケート調査で、「解決するために計画を立て、実行する」「誰かに相談する」「状況のプラス面を見つける努力をする」などの積極的な行動(対処型行動)をとる頻度が高い群と低い群に分け、がんや脳卒中などの発症やそれに伴う死亡のリスクに違いがあるか調べた。

 その結果、積極的な行動をとる頻度が高い人は、低い人に比べ、がんの発症には差がなかったが、がんでの死亡リスクは15%低く、がん検診でがんが発見される割合も35%高かった。
 さらに、積極的な行動をとる頻度が高い人は、脳卒中を発症するリスクは15%、脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患で死亡するリスクは26%低いことも判明した。
 「日常経験する問題や出来事に対して逃避型の対処行動をせず、積極的に解決する計画を立て実行するような対処型の行動をとる人は、検診を受けてがんを早期発見したり、積極的に情報を収集し、医療機関に相談し、生活習慣の改善にも取り組む可能性が高いため、がん死亡などのリスクが低いと考えられる」と、研究者は述べている。

 今回の研究は、東京大学医学系研究科国際保健政策学、国立がん研究センターがん予防・検診研究センターなどの研究チームによるもので、医学誌「Cancer Epidemiology」「European Heart Journal」に発表された。

多目的コホート研究「JPHC Study」(国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究グループ)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年01月28日
【オピニオン新連載】行動科学に基づいた保健指導スキルアップ~対象者の行動変容を促すには?~
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶