ニュース

厚労省が子育て包括支援センター事例集を公表

 妊娠期から子育て期にわたる総合的な相談支援を行う「子育て包括支援センター」の全国展開を推進するため、厚生労働省はこのほど、すでに実施している市区町村の取り組み内容を事例集としてとりまとめて公表した。

 子育て包括支援センターとは妊娠期から子育て期にわたる様々なニーズに対し、総合的な相談支援を提供する「ワンストップ拠点」となるもの。「少子化社会対策大綱」(平成27年3月20日閣議決定)や「まち・ひと・しごと創生総合戦略(2015年改訂版)」(平成27年12月24日)において、おおむね平成32年度末までに地域の実情等を踏まえながら全国展開を目指すことが打ち出されている。

 同センターでは保健師などの専門職が妊産婦などの状況を継続的に把握し、必要に応じて医療機関や保健所、児童相談所、民間機関などとも連携して支援プランを策定。プランに基づいて必要な支援をコーディネートし、悩みに対する相談支援を切れ目なく行うことで、妊産婦等に対してよりきめ細かい対応ができると期待されている。

 事例集は同センターの全国展開に向け、市区町村における取り組みが一層、推進されることを目的に、すでに実施している青森県鰺ヶ沢町、埼玉県和光市、千葉県浦安市、東京都文京区、神奈川県横浜市、三重県名張市、大阪府堺市、兵庫県神戸市、鳥取県日吉津村の取り組み内容をまとめたもの。

 内容としては取り組みの事例を具体的に示すとともに、評価として効果や課題などについて、また開始にあたって調整や工夫した点、特色やPRポイントについても言及しており、これから設置を目指す自治体が参照しやすいものとなっている。実施内容では、フィンランドの妊娠期から就学前までの子育て支援「ネウボラ」を参考にしている事例も目立つ。課題としては妊娠期に支援が特に必要と判断されず、その後も母子保健コーディネーターなどが妊産婦と直接会う機会がない場合、状況変化などで支援が必要となっていても見過ごされる可能性がある、などと指摘している自治体もあった。

平成27年度子育て世代包括支援センター事例集(厚生労働省)
関連する法律・制度を確認>>保健指導アトラス【母子保健法】
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶