ニュース

妊婦向け電磁波ガイド「プレママのための知って安心、電磁波のこと」

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップ。

妊婦向け電磁波説明ガイド「プレママのための知って安心、電磁波のこと」
 プレママにとって一番気になることは、おなかの赤ちゃんのこと、ご自身を含めた赤ちゃんの健 康のこと、と思います。健やかで元気な赤ちゃんを産むために、食べ物や生活スタイルを見直すなど、「暮らしの中のリスクを少なくしたい」と考えるのは当然のことです。
 そんなリスクの一つとして取り上げられるのが「電磁波」。私たちの暮らしの中には、スマホやケータイなど「電磁波」を発生する物がたくさんあります。「電磁波は自分やおなかの赤ちゃんに良くないのでは?」と、心配される方も多いでしょう(続く)
他にも学校保健・母子保健に関する最新情報多数

最新トピックス(2016年7月22日更新)


    ・平成27年度文部科学白書の公表について
    ・第1回 子供の貧困対策に関する有識者会議の資料掲載について(内閣府)
    ・妊婦のジカウイルス感染症(ジカ熱感染)と小頭症の発生のおそれについて:2016年7月19日改訂版(日本産婦人科医会)
    ・妊婦向け電磁波説明ガイド「プレママのための知って安心、電磁波のこと」(電磁界情報センター)
    ・【教材カード7月号】熱中症に注意しよう(幼稚園・保育園向け/教師・保護者向け)の掲載について(日本スポーツ振興センター)
    ・「学校における飲酒防止教育支援研修会」の開催について(日本学校保健会)
    ・「小児期発症慢性疾患を有す患者の成人期移行に関する調査」報告書の掲載について(日本小児科学会)
    ・社会的養護を担う児童福祉施設長研修会の開催について(全国社会福祉協議会、全国児童養護施設協議会、全国母子生活支援施設協議会など)
    ・子どもサポート情報「液体の入ったスマートフォンケースからの液漏れに注意」(国民生活センター)

    ※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?
母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
2015年度 トピックス一覧


関連する法律・制度を確認>>
保健指導アトラス【母子保健】
[soshinsha]

「学校保健」に関するニュース

2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年12月09日
多胎の妊娠サポートが最優秀賞〜健康寿命をのばそう!アワード母子保健分野
2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月18日
働く女性と児童・生徒の自殺者数が増加-令和3年版自殺対策白書
2021年11月16日
近くにファストフード店があると肥満や糖尿病になりやすい? ファストフードの栄養は30年間で悪化
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶