ニュース

【救急の日】イベント「救急の日2016」を開催します

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップ。

9月4日に救急活動の実演や心肺蘇生法の一般参加体験等を行います
 厚生労働省は、関係省庁等と協力し、救急医療に関する普及啓発を図るため「救急の日」(9月9日)及び「救急医療週間」(本年は、9月4日~10日)の活動の一環として、9月4日に一般向けイベント「救急の日2016」を開催し、救急活動の実演や心肺蘇生法の実演及び一般参加体験等を行います。
【 救急の日2016 】
(1)期 間:平成28年9月4日(日)
11:00-17:00
(2)場 所:アクアシティお台場 3階 
(続く)

他にも学校保健・母子保健に関する最新情報多数

最新トピックス(2016年9月1日更新)


    ・救急の日及び救急医療週間の一般向けイベント「救急の日2016」の開催について(厚生労働省)
    ・平成29年度「児童福祉週間」にふさわしい標語の募集について(厚生労働省)
    ・第6回周産期医療体制のあり方に関する検討会の資料掲載について(厚生労働省)
    ・麻しんに関する緊急情報の掲載について(国立感染症研究所)
    ・政府広報オンライン:「カワイイ!」だけで大丈夫? 子ども服は、安全性を考えて選びましょう の掲載について(内閣府)
    ・「プラチナくるみん認定企業100社突破?仕事と子育ての両立支援に積極的な企業が増加中?」の情報掲載について(厚生労働省)
    ・第2回 家庭看護力醸成セミナーの開催について(日本小児科医会)
    ・子ども安全メール「台所用や洗濯用洗剤の誤飲に気を付けて!」の掲載について(消費者庁)
    ・第2回 小児救急研修会の開催について(日本小児科医会)

    ※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?
母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
2015年度 トピックス一覧

[保健指導リソースガイド編集部]

「学校保健」に関するニュース

2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月24日
【子宮頸がん】HPVワクチンのキャッチアップ接種は必要としている女性に届く? 9年近くにわたった積極的勧奨の差し控え
2022年10月20日
改善が見られたものは約5割に 課題は次期プランへー健康日本21(第二次)最終評価報告書
2022年10月20日
児童虐待防止対策を更に推進 こども家庭庁創設を前に、より一層の取り組み強化を~一時保護時の子どもの聴取援助支援員養成など
2022年10月11日
なぜ夕食が夜遅いとつい食べ過ぎてしまうのか? 肥満やメタボに食事タイミングが影響
2022年10月11日
熱帯夜による「睡眠障害」の被害は熱中症に匹敵 エアコンが適切に使われていない可能性が
2022年10月03日
【子宮頸がん】HPVワクチンは効果が高いことを確認 初交前に接種すると予防効果は78%に上昇 広くアピールする必要が
2022年10月03日
【睡眠健診】睡眠を見直し生活リズムを改善 健やかな発育・発達を 「子ども睡眠健診」プロジェクト
2022年09月26日
【社会生活基本調査】男性の家事・育児などの時間は過去最長 でも女性はその4倍に 「男性中心型社会」からの脱却が必要
2022年09月20日
妊娠中に発酵食品を食べると生まれた子供は睡眠不足が少ない? 母親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶