ニュース

母親の有職割合が増加 ~厚労省・21世紀出生児横断調査

 厚生労働省はこのほど「21世紀出生児横断調査」について、平成13年出生児の第14回調査と、平成22年出生児の第5回調査の結果を取りまとめ、公表した。

 同調査は調査対象児について、生活実態や経済変化の状況を継続的に観察するために行われている。平成13年と平成22年の一定期間内に生まれた児童を対象にしており、比較対象などを行う目的もある。今回、発表された調査での子どもの年齢は、平成13年出生児が14歳(中2)、平成22年生まれが4歳6ヶ月となっている。

母親の約8割が有職 ~平成13年出生児の第14回調査
 有職の母親の割合は、出産半年後に行われた第1回調査から年々、増加しており、子どもが中2となった今回の調査では、およそ8割を示した。中1で行われた前回調査と比べると、無職であった母親のうち約25%が有職(パート・アルバイトが最多)となった。

 子どもに悩みや不安があるか尋ねた調査では、中1での前回調査に比べて増加しているが、特に女児は全体の5割を超えていることが明らかになった。悩みや不安の種類は「進路に関すること」が増加している。

 子ども自身が考える将来は、「大学卒業後に働くことを考えている」が最も高かった。結婚については、男児の約半数が具体的に考えていないのに対し、女児は約6割が20代で結婚したいと考えていた。

母親が有職の割合は平成13年調査より増加 ~平成22年出生児の第5回調査
 母親が有職の割合は、子どもが4歳6ヶ月時点で行われた今回調査では58.2%となった。この値は、平成13年出生児を対象に行われた同時期の調査(以下、平成13年調査)より11.4%高い。出産1年前から就業状態が「勤め(常勤)」だった母親で、第1回から第5回調査まで継続して「勤め(常勤)」状態にある人の割合は44.5%で、平成13年調査より11.8%高いことも分かった。

 父母の喫煙状況を調べた調査では、母がたばこを「吸っている」割合は8.1%、父が「吸っている」割合は38.0%。いずれも平成13年調査より減少している。

 「保育所等の利用状況」では、保育所、認定こども園、幼稚園等を「利用している」割合は92.0%だった。

第14回21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児)及び第5回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)の概況(厚生労働省)
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,795 人(2021年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶