ニュース

生活習慣病と睡眠時無呼吸症候群を研究~労災疾病等医学研究普及サイト

 独立行政法人 労働者健康安全機構が開設しているホームページ「労災疾病等医学研究普及サイト」では、労働災害が発生している疾病などについての研究結果が公表されている。
 平成26年度からは「労働疾病等の原因と診断・治療」、「労働者の健康支援」、「労災保険給付に係る決定等の迅速・適正化」という3領域・9つのテーマで研究が行われており、労災補償政策上重要なテーマや新たな政策課題の検討に役立つ情報を提供している。

 このうち労災疾病等医学研究における「労働者の健康支援」の領域では、「生活習慣病」「睡眠時無呼吸症候群」などについて取り上げている。

 例えば「生活習慣病」のテーマでは、
(1)日本人の勤労者ならびに一般住民における新たな心血管リスクの解明と予防に関する亘理町コホート研究
(2)中国都市部で働く日本人勤労者のストレスと健康障害に関する調査研究
(3)職場高血圧に関する調査研究
(4)精神的ストレスの心血管病発症機転に関する調査研究
(5)動脈硬化危険因子の3次元的解析に関する研究
 について研究が行われている。

 ホームページには平成25年度までの研究報告書や現在の研究内容のほか、平成26年11月12日に東京産業保健総合支援センター主催、東北労災病院 治療就労両立支援センター共催で開かれた「海外勤務者の過労死予防を考える研究会」の記録集も掲載。3件の講演内容のほか、シンポジウムの議事録も閲覧できる。

 一方で「睡眠時無呼吸症候群」は不眠によって勤務中、仕事に集中できず、事故を引き起こす恐れがあるほか、高血圧や糖尿病、脳血管障害、心疾患を罹患する頻度も高いとされ、深刻な疾患の一つである。就寝時にマスクを着用する持続性陽圧呼吸療法(CPAP)が有効とされているが、顔面の不快感を訴える患者が多く、なかなか治療が持続しない。そのためCPAP治療を効果的に長期間、導入するには、マスクの形状や圧のかけ方、看護の介入方法など解明すべき点は大きいとされている。ホームページでは、これらの課題を踏まえた研究内容を掲載している。

労災疾病等医学研究普及サイト(独立行政法人労働者健康安全機構)
 「生活習慣病」
 「睡眠時無呼吸症候群」
[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶