ニュース

【連載更新】競技志向型運動をサポートする健康スポーツナースの役割

 連載「健康運動看護師とは -看護職だからできる健康運動の実践指導-」の第7回を公開しました。今回も実際に健康運動看護師として活躍している方(福﨑崇宏/宮崎大学医学部附属病院看護師)のレポートです。
 No.7 競技志向型運動をサポートする健康スポーツナースの役割 ▶

No.7 競技志向型運動をサポートする健康スポーツナースの役割
 平成19(2007)年度に文部科学省の連携融合事業のプロジェクトとして「スポーツメディカルサポートシステムの構築」が認められ、その一環として、平成21(2009)年12月より宮崎大学医学部附属病院内で「宮大健康スポーツナース」の養成が開始された。日本健康運動看護学会は宮崎大学医学部看護学科に事務局があり、健康スポーツナースの養成が行われている。

 「宮大健康スポーツナース」は、附属病院に勤務する看護師を対象としたもので看護部と整形外科教室が連携を取りながら、養成プログラムの構築と運用を行い、平成29年4月現在31名が活動している。私は平成25年度に第3期生として認定された。

 宮大健康スポーツナースの目的は、

(1)地域における運動器検診やスポーツイベント、レクレーション等において、医師や理学療法士等と協働し、地域住民の健康維持・向上のための活動を行う

(2)運動器について知識を習得し、運動器の構造、役割や障害とその対処法を理解し、ロコモティブシンドロームの予防や転倒予防について教育、指導を行う

(3)養成研修のアシスタントとして、宮大健康スポーツナースを目指す看護師を支援する

 などが主に上げられる。

オピニオン
「健康運動看護師とは -看護職だからできる健康運動の実践指導-」

運動/身体活動 トップページ

[soshinsha]

「運動」に関するニュース

2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月21日
高齢者の転倒にはこうして対応 原因と対策を科学的に検討 日本老年医学会などが「施設内での転倒に関するステートメント」を公開
2021年06月14日
【新型コロナ】コロナ禍で孤立する人が増えている 孤独は肥満やメタボのリスクを上昇 3つの方法でストレス解消
2021年06月14日
ダンスを通じてバランス・認知能力・運動能力を改善 パーキンソン病患者さんのためのダンス教室を開催
2021年06月11日
12歳までの児童期に運動をすると中高齢期の認知機能の維持・増進につながる 脳内ネットワークの最適化が促される
2021年06月09日
「今こそワクチンリテラシーを高めよう」へるすあっぷ21 6月号
2021年06月08日
高齢者が地域で活用できるパンフレット「おいしく食べて低栄養予防」 栄養状態を自分で把握できる 通いの場などで活用
2021年06月07日
肥満が歯周病を悪化させるメカニズムを解明 腸内フローラが不健康だと歯周病も悪化しやすい
2021年06月07日
【新型コロナ】いつでもどこでも、体ひとつでできる筋力トレ「佐倉市オリジナル体操」 コロナ禍での運動不足の解消やロコモ予防に
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶