ニュース

女性は健康維持にバランスの良い食事や歯磨き習慣-中高年者縦断調査

 厚生労働省はこのほど、第12回中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)をまとめ、公表した。このうち健康維持のために心がけていること、として、女性は男性より、バランスを考えた多用な食品の摂取や、食後の歯磨きに気を遣っていることが明らかになった。

 中高年者縦断調査は、団塊の世代を含む全国の中高年世代の男女を追跡して、健康や就業、社会活動について継続的に調べるもの。行動の変化や事象間の関連性を把握し、高齢者対策等厚生労働行政施策の企画立案、実施などの基礎資料を得るのを目的としている。

 初年は平成17年度で、毎年1回、実施されている。対象は平成17年10月末現在で50~59歳の、全国に住む男女。第12回調査では61~70歳となっている。

 世帯の状況をみると、「夫婦のみの世帯」は第1回調査の21.4%から毎年増加を続け、第12回調査では41.2%。これは第1回調査で「親なし子ありの世帯」や「親あり子なしの世帯」だった状況から、「夫婦のみの世帯」に変化した割合が高くなっているため。

 また健康の状況では、第1回調査からずっと「よい」者の割合が男性は45.4%、女性は46.6%。健康維持のために心がけていることでは、男性が「適度な運動をする」(15.1%)、「食事の量に注意する」(10.9%)、「適正体重を維持する」(10.5%)。女性が「バランスを考えた多用な食品をとる」(20.4%)、「食後の歯磨きをする」(18.1%)、「適度な運動をする」(16.4%)となっている。

 就業状況では、「正規の職員・従業員」は6.4%と、第1回調査の38.2%に比べて減少を続けている。一方、「自営業主、家族従業者」は14.1%、「パート・アルバイト」は17.6%で、12年間、ほぼ横ばい。

 これからの仕事の希望をみると、62~64歳になっても仕事をしたい人の割合は63.3%。同様に、65~69歳では39.2%、70歳以降では18.1%。仕事をしたい理由は、「生活費を稼ぐため仕事をしなければならない」は年齢が高くなるほど割合が低くなる一方、「企業への貢献や生きがいのため、ぜひ仕事をしたい」、「条件が合う仕事があるならしたい」が高くなっている。

 また、社会参加の活動では、「趣味・教養」、「スポーツ・健康」、「地域行事」で活動している割合が男女ともに高かった。

第12回中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)の概況
[yoshioka]

「栄養」に関するニュース

2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
2021年06月21日
女性は食事からメンタルヘルスの影響を受けやすい 不健康な食事は精神的苦痛につながる
2021年06月21日
高齢者の転倒にはこうして対応 原因と対策を科学的に検討 日本老年医学会などが「施設内での転倒に関するステートメント」を公開
2021年06月16日
全粒穀物が肥満やメタボのリスクを低下 低炭水化物やプラントベースのダイエットにも質の良い炭水化物が必要
2021年06月09日
「今こそワクチンリテラシーを高めよう」へるすあっぷ21 6月号
2021年06月08日
夏野菜「トマト」が肥満とメタボのリスクを低下 リコピンやβカロテンで血管を健康に
2021年06月08日
高齢者が地域で活用できるパンフレット「おいしく食べて低栄養予防」 栄養状態を自分で把握できる 通いの場などで活用
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶