ニュース

健康寿命日本一を目指す大分県、県民総ぐるみの健康づくりを軌道に

 大分県は、「みんなで延ばそう健康寿命」推進月間と位置づけている10月を中心にさまざまな関連イベントなどを開催している。平成29年度(2017年9月から11月)には521回の健康づくりイベントを開き、イベント参加者数は13万人を超えたことがこのほど報告された。健康寿命日本一を目指して取り組む県民総ぐるみの健康づくりが、軌道に乗ってきている形だ。

 大分県は、長期総合計画「安心・活力・発展プラン2015」において、健康寿命日本一の実現を掲げている。そのため、県民一人ひとりが主体的に健康づくりに取り組み、地域社会全体もそれを支援するため、「健康寿命日本一おおいた県民運動推進条例」を制定。2017年3月から施行している。

 「みんなで延ばそう健康寿命」推進月間に関連する、平成29年度の健康づくりイベント数は、平成28年度比で202回増、参加者数は約47,000人増だった。より多くの県民が参加したことについては、「多様な主体による連携イベント」と「多様な主体による広報活動」が功を奏したと報告されている。

 たとえば、各イベントは県や市町村だけではなく、「健康寿命日本一おおいた創造会議」の構成団体や「健康寿命日本一おうえん企業」など、多様な主体によって開催された。

 「健康寿命日本一おおいた創造会議」は保健医療福祉関係団体、経済団体、マスコミ、行政などで構成され、県民の健康づくりに関する事業の推進や連携、調整を図っている。

 一方、「健康寿命日本一おうえん企業」は自社の強みを生かして、健康な地域社会づくりを応援する企業。「運動を始めるきっかけづくり」への支援や、「正しい健康知識」の普及啓発などを行い、県民の健康づくりをサポートするほか、企業イメージの向上や新たな企業価値の創造にもつなげている。

 また広報でも、多様な団体・組織による街頭キャンペーンの実施、ポスターやのぼりを県内約2,600カ所に掲示するなどした。健康寿命を延ばす3つの鍵「減塩マイナス3g」、「野菜摂取350g」、「歩数+1500歩」についてもPRしている。

 大分県では今後も、健康寿命日本一の実現に向けて取り組みを続けていくという。

【結果報告】平成29年度「みんなで延ばそう健康寿命」推進月間について(大分県)
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶