ニュース

結局、何を食べたらいいの? 中食に対する栄養指導

 「メタボ気味なので、カロリーの少ない食事にしましょう」と栄養指導をすると、「コンビニやスーパーで、どの商品を選べばいいの?」と質問されて困ってしまうという専門職の声をよく聞きます。そんな専門職の悩みを解決するために健康メモ「コンビニごはんガイド」は生まれました。

中食への正しい知識の啓発に最適

 栄養バランスが悪いからといって、その食品の購入をやめる・半分残すといった指導ではなかなか行動変容につながりません。本教材は、栄養バランスの偏った組み合わせの改善点を指摘し、具体的な代替食品を提示することができます。

 例えばメタボ編では、惣菜パン・から揚げ・オレンジジュースといった高カロリー食品の組み合わせに対して、梅干しとさけのおにぎり・から揚げ・お茶といった具体的な代替食品を提案します。対象者に油脂が少ない主食を選んでもらい、果汁飲料の糖質に気を付けるよう指導できます。

 また、主食・主菜・副菜ごとに望ましい順序で食品群が掲載されています。主菜であれば、油が多めのタンパク質食品であるフライドチキンやメンチカツから、より油が少ないタンパク質食品であるサラダチキン、豆腐や納豆まで網羅しています。好みに合わせて食品選びが可能なので、対象者の行動変容を期待できます。

【著者】小島美和子(有限会社クオリティライフサービス・管理栄養士)
【企画・発行】一般社団法人日本家族計画協会
【仕様】A4判/1冊50枚綴り(天のり製本)/表カラー・裏2色刷

○ポイント
1. 具体的な代替食品がわかる!
2. 栄養バランスの改善ポイントが明確にわかる!
3. 対象者の気になる検査値別に食品組み合わせを指導できる!
4. 主食・主菜・副菜の豊富な食品群から対象者の好みにあわせたメニュー例を掲示できる!

教材詳細・購入はこちらから ▶

(1)コンビニごはんガイド メタボ編

教材詳細・購入はこちらから ▶

(2)コンビニごはんガイド LDLコレステロール編

教材詳細・購入はこちらから ▶

(3)コンビニごはんガイド 血糖編

教材詳細・購入はこちらから ▶

(4)コンビニごはんガイド 血圧編

教材詳細・購入はこちらから ▶

 「保健指導マーケット」は、一般社団法人日本家族計画協会(JFPA)が、制作・販売する保健指導用・健康事業用の教材を約3,000点を収載しています。糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、メンタルヘルス、食事・運動指導などのキーワード検索、配布・掲示など使用したい用途に合わせたカテゴリー検索などで、目的にあった教材を探すことができます。
 保健指導マーケット ▶

[soshinsha]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
2021年06月21日
【新型コロナ】看護師の感染に対する恐怖を軽減するために 最前線に立つ看護師に対するサポートも必要
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶