ニュース

スマートフォンアプリ「ぜんそくリスク予報」をリリース~JMDCと日本気象協会

 株式会社JMDC(東京都港区)と一般財団法人日本気象協会(東京都豊島区)はこのほど、「ぜんそくリスク予報」スマートフォン用アプリケーションを開発、無料で提供開始した。
 健康的な日常生活の過ごし方を提案する新しいサービス「Health Weather(R)」(ヘルスウェザー)のサービス第1弾で、主に10歳未満のぜん息患者を対象としている。

 JMDCと日本気象協会は2016年12月から、環境と健康の関係を指標化する解析プロジェクトを立ち上げ、気象と疾患について関係性を解析。「医療ビッグデータ」と「気象ビッグデータ」を活用し、健康的な日常生活の過ごし方を提案する「Health Weather(R)」(ヘルスウェザー)サービス開発に取り組んできた。その一環として、気象予報をもとに1日ごとのぜん息発症のリスクを「ぜんそくリスク予報TM」として10日先まで予測し、市区町村別に情報提供。スマートフォンアプリとしてこのたびリリースした。

 具体的には市区町村単位で今日と明日の気温変化のポイントを、グラフとコメントで通知。10日先までの気温変化を予測してぜん息発症のリスクを5ランクの指数で表示し、体調管理に役立ててもらう。

ぜんそくアプリ1.png
 主に10歳未満のぜん息患者を対象としていることから、自分の体調を言葉で表現できない場合もあることを想定し、音声による元気のチェック機能も搭載。子どもとコミュニケーションをとりながら、体調管理ができるよう工夫している。また体調や服薬の状況を、画面上のキャラクターとチャット形式で記録することもできる。

ぜんそくアプリ2.png
アプリのダウンロード先URLは以下の通り。
AppStore:https://itunes.apple.com/jp/app/id1372656776
GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=healthweather.asthma

株式会社JMDC「ぜんそくリスク予報」スマートフォン用アプリケーションを無料で提供開始
日本気象協会ニュースリリース:日本気象協会とJMDC スマートフォン向けアプリ「ぜんそくリスク予報」を提供開始 ~「Health Weather(R)」サービス 第1弾~
[yoshioka]

「学校保健」に関するニュース

2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年12月09日
多胎の妊娠サポートが最優秀賞〜健康寿命をのばそう!アワード母子保健分野
2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月18日
働く女性と児童・生徒の自殺者数が増加-令和3年版自殺対策白書
2021年11月16日
近くにファストフード店があると肥満や糖尿病になりやすい? ファストフードの栄養は30年間で悪化
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶