ニュース

帝京大学産業保健プログラム 受講生募集

 帝京大学は、「帝京大学産業保健高度専門職養成の大学院プログラム」の受講生(平成31年度、第5期生)を募集する。

帝京大学産業保健プログラムの概要
 「帝京大学産業保健高度専門職養成の大学院プログラム」は、産業看護職、産業医、安全・衛生管理者等のスキル・キャリアアップを目的に行うもので、文部科学省の履修証明プログラム、職業実践育成プログラム(BP)、厚労省専門実践教育訓練給付の指定を受けている。

 産業保健の他、疫学、生物統計、マネジメント、健康教育等の体系化した科目編成で、現場の問題解決能力の向上を図ることを目的としている。

 詳細は下記の通り。

募集定員
10名程度
募集対象
産業看護職(保健師・看護師)、産業医、安全・衛生管理者、臨床心理士、他
募集期間
2018年9月17日(火)~10月26日(金)
定員に達しない場合は 追加募集予定 2018年12月18日(火)~2019年1月25日(金)
問合せ先
帝京大学産業環境保健学センター oh-pro@med.teikyo-u.ac.jp
詳しくはHPをご覧ください。
個別の相談も行います。
同時募集~帝京大学大学院公衆衛生学研究科~
帝京大学大学院公衆衛生学研究科(専門職学位課程・博士後期課程)の平成31年度の学生募集もしております。
詳細・ご応募は下記より
問い合わせ:帝京大学板橋キャンパス 事務部教務課(大学院担当)
      TEL:03-3964-3294 tspgakui@teikyo-u.ac.jp

[soshinsha]

「データヘルス計画」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月06日
「ジェンダーギャップ」の解消に挑戦 男女の格差は誰にとってもメリットなし 働き方にも変化が
2021年12月06日
心不全患者の介護発生率は健常者の2倍以上 心不全は生命を縮める病気 介護予防は⼼臓病患者でとくに重要
2021年11月30日
【新型コロナ】医療機関の受診控えにより、がん発見が大幅に減少 胃がんでは男性11.3%、女性12.5%減少 適切なタイミングの受診が重要
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
「慢性疼痛」とスマホアプリで上手に付き合う 痛みの3分の2は心理的ケアにより改善・解消できる可能性
2021年10月26日
特定健診のデータヘルス 年齢とともに薬剤利用は増加し生活改善の意欲も高まる 特定健診のビッグデータを分析
2021年10月19日
【新型コロナ】コロナ禍でうつ病が増加 自然のもつメンタルヘルス改善の効果 「グリーンインフラ」に期待
2021年10月04日
運動・身体活動が5年間の多面的アプローチで地域全体で増加 慶應義塾大学・藤沢市の身体活動促進プロジェクト「ふじさわプラス・テン」
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶