ニュース

適切な情報選択の一助に!「アレルギーポータル」を開設~日本アレルギー学会

 日本アレルギー学会はこのほど、厚生労働省の補助事業として、アレルギー疾患に関して適切な情報提供を行うwebサイト「アレルギーポータル」を開設した。
 一般の人が分かりやすく、正確な情報を得られるよう工夫されているほか、日本の取り組みや法令、研究についての情報もまとめられており、医療・保健関係者の便宜もはかっている。
アレルギーポータル1.jpg

 同サイトは、アレルギー疾患について膨大な情報があふれ、適切な情報選択が困難になっている現状を打開するために開設。

 アレルギー疾患の特徴や治療方法についての基礎知識、また、疾患ごとの対応や日ごろの対策については、日本アレルギー学会顧問の西間三馨・国立病院機構福岡病院名誉院長や、前日本アレルギー学会理事長の斎藤博久・国立成育医療研究センター研究所長補佐が監修を務めている。

患者の不安に寄り添った情報を掲載
 例えば疾患ごとに解説したページでは、日ごろの対策として、セルフマネジメントや治療に使用する薬について説明。花粉症では外出時の注意や、望ましい室内環境の整備例などを紹介している。

 また、アトピー性皮膚炎について「ステロイド外用薬を長期間使うと、強いランクの薬でもだんだん効かなくなるのですか」や、花粉症について「雨が降ったあとの翌日が晴れだと症状が悪化するようなのですが、気のせいでしょうか」など、よくある質問に対する回答も閲覧可能。患者の不安や心配に沿った内容に工夫されている。

 ほかにも、災害時のアレルギー疾患への対応方法をまとめたページでは、避難所での生活上の注意点や、災害派遣スタッフへの注意事項についての資料などを掲載。

「医療機関情報」では、日本アレルギー学会のHPにリンクし、同学会専門医・指導医の一覧を確認できるほか、地図上から検索することもできる。

アレルギーポータル
[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶